のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④

      2017/09/11

今回も、前回に引き続いて、フルサイズバンのスペックについての記事です。

アーリーフルサイズバンの種類や特徴

前回記事では、GMCとシボレーのアーリーフルサイズバンの年代別のまとめをしましたが、今回は引き続き、

フォードのアーリーフルサイズバン

について調べたことを記録記事にしていこうと思います。

フォードのフルサイズバンは、フォードファルコンがベースとなって誕生しました。
この顔、おっそろしくファニーフェイスですよね!笑

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④出典:http://dougjenkinsgarage.com/blog/

フォードのアーリーフルサイズバンは、基本的に「エコノライン」という名前です。これの頭のEをとって、後のEシリーズになるわけです。また、パッセンジャーバンは、名前に「クラブワゴン」が付きます。

このエコノラインは、当初、シボレー コルベア グリーンブライアや、フォルクスワーゲンタイプⅡに対抗する車として開発されました。路線は「まさに」って感じですよね。笑

初代 1961年〜1967年のフォードフルサイズバン

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④
この初代、見た目はフォードファルコンとほぼ一緒な感じがしますね。というか違いがよくわかりません。。。それもそのはず、当初はフォード ファルコン クラブワゴンと言う名前だったみたいです。
やはり、GMC、シボレーと同じで、まだまだサイズ・排気量共に小さいですね。にしてもカワイイですよね~。

名称 Falcon Clubwagon
排気量 2.4L 直列6気筒
2.8L 直列6気筒
3.9L 直列6気筒
全長 4250
4710
全巾 1930
全高 1960

2代目 1968年〜1974年のフォードフルサイズバン

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④

2代目になると、顔が若干、コワカワイイ感じになってきます。グリルも個性的ですよね。
この代からパッセンジャーバンとして、エコノラインクラブワゴンに追加で、内装オプション内容がランク上の、エコノラインクラブワゴン「シャトー」が投入されます。

名称 Club Wagon
Club Wagon Chateau
排気量 3.9L 直列6気筒
4.9L 直列6気筒
4.9L V8
全長 未調査
全巾 未調査
全高 未調査

3代目 1975年〜1991年のフォードフルサイズバン

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④1971年 FORD Econoline Clubwagon

アーリーフォードの私的な黄金期です!箱型のフォルムがたまりません!1975年~1978年は丸目2灯ですが、1979年以降は角目2灯となり、サイドミラー形状も変わっていますね。

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④1979年 FORD Econoline Clubwagon

また、エンブレムは、1982年まではボンネット先端に「 F O R D 」と入りますが、1983年以降はグリル真ん中にオーバルエンブレムが入ります。

falcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④1987年 FORD Econoline Clubwagon

1986年まではキャブレターですが、1987年からインジェクションに変わります。

名称 Club Wagon
Club Wagon Chateau
排気量 3.9L 直列6気筒
4.9L 直列6気筒
4.9L V8
5.8L V8
7.5L V8
6.9L diesel V8
7.3L diesel V8
全長 4745
5253
全巾 2030
全高 2030

以上が、アーリーフォードの年代別まとめです。やはり写真見ながらですと経緯がよくわかります。

次回はアーリーダッジについて調べた内容の記事を書いていこうと思います。

※記載している情報に明らかな間違いがありました場合、是非ともコメントにてご教授頂けますと、とても助かります。

現在の車を売却するのに一括査定に出した

話は変わりますが、今回フルサイズバンを購入するに当たって、前の車のフォードエクスプローラーを売却したのですが、その時に、車の売却の一括査定サービスfalcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④にためしに出してみたところ、ネットで調べていた想定額よりも、そこそこ高く査定金額を出してもらえました。

私の場合は、このことももあってより一層夢に近づいた感じでした。
私が使った 車の売却の一括査定サービスfalcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④ の場合は、10社弱に一括で査定の申し込みが出来た ので、手間がかからずに簡単だったのも助かりました。

実際、フルサイズバンを買うことにばかり労力を重ねていた ので、売却にはあまり時間も手間も割けなかったので。。。汗 って言っても、誰だってこれから買おうとしている欲しい車のほうにツイツイ時間も労力も割いちゃいますよね。。。

私の場合は、新しくバンを買うことありきでしたが、先に 車の売却の一括査定サービスfalcon01-560x429 アメリカンフルサイズバン購入奮闘記④に出して、予算的に間に合うようだったら、買うことに踏み切る、と言う方が良かったかもな、と後で思いましたが。。。汗

結果的に、査定金額は「そこそこ高くなった」というだけですが、車の売却価格ですので「そこそこ」とは言っても結構な額 です。ちなみに私の場合は10万円弱の違いが出ました。しかも、偶然ですが一番高い査定金額を出してくれた会社が、キャッシュで契約時に支払う、と約束もしてくれたので非常に安心できました。こういった交渉項目も、査定時に買取会社が来る前にまとめておくと良いと思います。

私の場合は、あまりに細かく項目をまとめていたおかげで、かなり面倒くさそうにされてしまいました。。。泣 とは言え、こういったことは案外億劫で面倒ですし、相手にどう思われるか、、、とかもあるんですが、面倒くさがらずにやった方が、万が一のいらぬトラブルに巻き込まれてのイヤな思いや、より一層の面倒な思いもしないで済みますし、その分スムーズに夢に近づけると思いますのでオススメします~。

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - フルサイズバン

Translate »