のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

      2018/06/20

マイシェビーバンのマフラー関係は、おそらくすべて どノーマル のままです。

そして、長年の負担で徐々に サビが進行してた んだと思いますが、私がオーナーになってからの砂浜キャンプでガッツリサビが進行し、今では 横から覗き込んで見ただけでも穴だらけ なんです。泣

muffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

これは修理工場さんが切断・撤去して撮ってくれた写真です。。。

ひどいもんですね~。。。かわいそう過ぎて、泣けてきます。。。泣

muffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

タイコだけでなく、エキゾーストパイプも腐りまくってます。。。泣

まあそのおかげで排気音は「バタバタバタバタ」と言うイイカンジの音にはなってるんですが。笑

何にしても、あまりにひどい状態なので、いつ走行中に脱落するとも限りませんし、きっとこのままでは 車検は通らない でしょう。泣

なので、エキゾーストマニホールド以降の、触媒〜エンドパイプまで ひと通り取り換えないとなぁ〜とは思ってました。というわけでの、

シェビーバンのマフラー(タイコ)を選ぶ

というお話です。

さては、ど素人の自分が考えることにも限界があるので、まずはプロに相談に行くことにしました。

修理工場にマフラー(タイコ)交換の相談に行く

流石にそろそろ手を付けないとなあってところで、今回この修理をお願いするのは、マフラー類がボロボロになってきていることがわかってから、いろいろ相談させて頂いてきている修理工場さんです。

「嫁の厳しい予算指示」もあるので、今回はなるべく抑え気味にって事で、、、

タイコは自分で輸入

をしまして、

テールパイプは腹ヨコ1本出し

の超シンプルシステムです!

テールパイプのデフ越え、プロペラシャフト超えも無く、最も簡単に、そしてリーズナブルに引き回せる方法とのことです。

タイコ(マフラー)を選ぶ

さて、というわけで、自分でタイコを選びます。
「タイコ」とは、いわゆるマフラーのことです。
「マフラー」の役割は、簡単に言えば、エンジンから発生する爆音を小さくする「消音器」ですね。

排気音は、原則このタイコで音色が決まると聞きますから、とても重要です!

種類も、

パイプにグラスウールを充填したグラスパック

やら、

金属の隔て部屋を幾重も通すことでの消音タイプ

やら、、、
ブランドも、フローマスター、チェリーボム、マグナフロー、ボーラ、エーデルブロック、、、などなど有り過ぎで意味不明です。。。

色々調べて迷いましたが、、、結局、

  • 劣化しにくい金属部屋消音タイプ
  • YouTubeでも検索しやすいフローマスター

で決めました!

フローマスターのマフラーの種類

あとは型番です。
よく、フローマスターですと「50」とか「40」とか「10」とか聞きますが、大して何も知らない私はとりあえず色々調べることからはじめました。
そして、まずはフローマスターの本国HPで調べてみると、40シリーズだけでも4つくらい種類が!汗

せっかくなのでバッチリな音量とウワサの 40シリーズ で行きたいのですが、この4種類の違いがさっぱりわかりません。

  • 40オリジナル
  • super44デルタフロー
  • super40デルタフロー
  • 40デルタフロー

の4種類です。本国HPはコチラ。
Flow Master フローマスター

説明文を読んでも
「最もディープな」
とか
「グレイトなマッスルカーのトーンで」
とか
「最も攻撃的なサウンドで」
とか、抽象的な表現ばかりで、具体的な音の感じはさっぱりわからないですよね。。。

※ せっかくですので、Flowmasterの本国HPの説明文を私なりに勝手に訳したものを近々記事にしようと思います~!(メーカーに怒られなきゃいいんですが。。。汗)自分のための備忘録でもありますからね~!

マフラー音の比較

さて、話は戻って、ってわけで、ここはYouTube様に頼ります!

そしてこの 比較動画 で決めました!

ダッジとシェビーでエンジンも違いますし、マイシェビーのエンジンはインジェクションなので、こんなような音は「全く」期待できません が、相対的な違いはな〜んとなくわかりました!笑

付けるマフラー(タイコ)を決定しました!

そ〜して私が選んだのは、、、
Flow Master super44 デルタフロー
です!

muffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっているmuffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている Flowmaster 942546 Super 44 Muffler – 2.50 Offset IN / 2.50 Center OUT – Aggressive Soundmuffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

Amazon.comでも日本配送可だった ので、と言うのもあります。笑
ちなみに、送料は3000円弱でしたので、総額で1万円ちょっとくらい でしょうか。

また、タイコにはinlet側(排気の上流側)とoutlet側(排気の下流側)それぞれの接続部分に、センターとオフセットの2種類 があって、パイプ径もいくつか設定されています。
なので組み合わせを考えるととんでもない数のラインナップがあることになります。笑

オフセットinオフセットout

muffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

センターinオフセットout

muffler_01 シェビーバンのマフラー(タイコ)やエキゾーストパイプがボロボロになっている

上記みたいな感じすね。私のシェビーバンの年式の場合、ノーマルが オフセットinセンターout なので、一応同じものを注文するつもりです。

実際は、結局エキマニ・触媒からのパイプをつなげば良いだけですから、どこから入ろうがどこから出ようが、引き回せばよいだけなのですが、少しでも引き回しのロスを無くした方が重量も減りますし、材料も少なくて済みますからね!

マフラーより後ろで「既存のテールパイプ」を使う場合は、inとoutの穴位置の偏芯差が、オフセットinセンターout でも センターinオフセットout でも同じことを考えると、どっちでも問題なく&ロス無く付くと思いますが、一度バンの腹下にもぐりこんで、違うパターンが設置されても、どこかにぶつかっちゃったりなど干渉しないかは確認が必要だと思いますね~。

逆に、今回の私のように、マフラーより後ろをすべてやり代えるなら、そもそもどんなタイプでも、径さえ合えばつなげるはずですよね。笑
それでも、何かにぶつかったりしないかとか?とか、ブラケットで吊る場所はあるか?などはチェックしといたほうが良いとは思います。とはいえ、修理工場さんに依頼するなら、そつなく全てやってくれるとは思いますが。笑

また、径についてはノーマルは2か2.25インチぽいのですが、修理工場さんに確認したところ 2.5インチ とのことでしたので、2.5インチのものを選びました。

まあパイプ径は、先ほどの話のように「つなげればよいだけ」ですから、やりやすい径と言うのがあるのかもしれませんし、出口まで一定の管径とするなら、2.5インチの出口は太過ぎもせず細過ぎもせず で丁度よいところかなぁとも感じます。さすがはプロの感覚ですね~!

出口は太ければ太いほど 爆音に繋がります からね〜。ちなみにバン友達のMさんの爆音マフラーのテール出口径は 4インチ だそうです!驚

そーして、早速AMAZON.comで注文しました~! 届くのが楽しみですねぇ〜!

 

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - フルサイズバン, 個人輸入

Translate »