のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

      2017/09/08

気温が暖かくなってきたこともあって、先日、今年初のキャンプ に行ってきました。

というわけで、行って参りましたキャンプ場の記事になります。

リッチランドキャンプ場のレポ

場所は神奈川県の東丹沢です。丹沢と言えば、関東の登山では有名な場所ですね。

リッチランドキャンプ場

TEL:

リッチランドキャンプ場の立地

別にかけたわけではないんですが、かかってしまってます。。。汗
リッチランドキャンプ場は、東名高速の厚木ICから30分くらいのところにあります。どっぷり丹沢山系の山の中って感じで、
まさに林間キャンプ場という感じです。キャンプ場内は渓流が流れているので、川遊びも出来る感じです。

それにしても、厚木ICから30分で着くという、都心からのアクセスは抜群なキャンプ場 なので、気軽に行けるキャンプ場だなと思いました。
下手すれば、深夜等に国道246号線でずっと下道で行こうと思えば行けると思います。

リッチランドキャンプ場へ出発!

何はともあれ、行ったことのないキャンプ場なので、まずは行ってみることにしました。営業時間が10時からと言うことなので、9時30分頃を目指して出発です!

東名高速に乗って、サクッと厚木まで!と思ったのですが、、、いきなり

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

渋滞です。。。土日だから仕方ないかなあ。。。暖かくなってきてるし仕方ないかあと思っていると、

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

マジですか??? 55分って、、、

着く時間が1時間遅れるってことじゃないですか! とは言っても、仕方ありません。。。泣
一番かわいそうなのは、事故られてしまった人なんですしね。。。

と、何とか渋滞を乗り越えつつ、厚木ICに到着し、下道でリッチランドキャンプ場へ向かいました。
途中、JA農協の看板があったので「野菜を買いたい!」という嫁の命令 に従って、遅れているとは言え、寄り道です~。

JA農協の直売所で買い物

うちは、結構郊外に出かけることが多いので、行く先々で農協の直売所にはよく行きます。ここもそんな直売所の1つですね。
直売所は、珍しい野菜も安く買えますし、普通の野菜は激安だったりしますし、私にとっては、キャンプに行くなら必須の目的地のひとつです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

結構大きい直売所です。「夢未市」という名前でやってるようです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

朝からけっこうにぎわっています。というより、直売書は朝の方がにぎわっています。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

春なので、たけのこもたくさん売っていました。
嫁は、パクチー をどうしても買う必要があったらしく、たくさん仕入れていました。

さて、今回のキャンプで使う分だけ買ったら、キャンプ場に向けて出発です。
買いたいものは他にも色々あるんですが、帰りにまた寄って買おうと言うことになりました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

もうすぐ5月と言うこともあって、途中、こいのぼりが吹き流されていました。 風情がありますね~。

そうこうしていると、徐々に林間の道路に入っていき、しばらく走りますと、到着しました~!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

入口は細い橋のようになっています。うちのシェビーバンで入れますから、大抵の車ならいけると思います。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

上に見える建物が管理棟です。

一旦シェビーを停めて、管理棟に行ってみると「まずはサイトまで行って見てきてください」とのこと。

うちのシェビーはでかい ので、前もって電話で「場内は入れそうですか?」と聞いておいたんです。

すると「上のオートキャンプサイトへは細い道なので行けないと思うから、下の駐車場の端でキャンプしてくれて大丈夫ですよ」とのこと。
その下の駐車場まで行けるのかどうか、経路を見てきて欲しい、と言うのです。

というわけで、まずはシェビーに乗り込んで、その駐車場まで行ってみます。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

なんてことなく、駐車場まで来れました。笑

狭いと言えば狭いんですが、普通に4m道路が通れるなら、何の問題も無く通れる感じです。
でも、やはり管理人さんの言う通り、ここから奥のオートキャンプサイトへの細い坂道 は、チョッと難しそうでした。汗

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

というわけで、駐車場の端に設営を開始します。
駐車場というと、かなり殺風景で、地面はアスファルト的な感じもしますが、全然そうでも無く、単に サイト全体の手前の方にある広場 って感じです。

私が設営の準備を開始し、その間に嫁には管理棟での受付を済ませてきてもらいました。
管理棟の入口はこんな感じです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

嫁が受付を済ませると、パンフレット類をもらってきました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

こちらは値段表のようです。ちなみに、2017.04.15現在です。

私は管理棟の中をじっくり見ていなかったので、後でゆっくりと行こうかなと、いうことで、
まずはサックリとカーサイドタープを立てていきます。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

 参考  レクタタープをサイドオーニング風にしてみる ①

 参考  レクタタープをサイドオーニング風にしてみる ②

そして、テーブルやその他もろもろ、全て組み立てて設営が完了しましたら、早速昼ごはんです。

リッチランドキャンプ場でのこの時期だからこその嬉しい出来事

気づけば時間も12時を過ぎていたので、かなり腹が減っています。ランチはいつも通りBBQですね。
最近はBBQも飽きてきていたのですが、何だかんだ久々なので楽しみです。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

しかし、今回は何が良かったって、目の前に桜が満開で咲いていたってことなんです!
まさに お花見キャンプ です。目論んでいたわけではなく、偶然だったんです。まさに想定外。最高のロケーションです!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

さて、マッターホルン的な肉のかたまりを焼いていきます。やっぱ肉はウマいですよね~!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

桜を見ながら、肉のかたまりにかぶりつき、ビールをゴクゴクと、、、最高です~!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

今回は、カメラにはまっている嫁が、三脚を買った と言うことで、試しにセルフタイマーで撮ってみました。一応夫婦の思い出ではありますからね。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

2人でのキャンプだとなかなか2人の写真は撮れないので、三脚はやっぱ1つあると良いかもしれないですね~。

っていうか、最近の三脚ってこんなに軽かったんですね! 驚くほどの軽さです。

ランチも食べ終わったら、気持ちの良い癒される時間が待ってます。嫁もくつろいでいます。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

ここは多少標高が高いせいか、桜もまだまだバッチリ咲いています。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

桜も2種類くらいが数本植わっている感じですね。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

途中、予報どおりなのか、少し雨がパラツキましたが、すぐに止んでしまいました。まさに山の天気って感じです。一歩間違ったらゲリラ豪雨だった のかもしれません。汗

しばらくくつろいだら、初めてのキャンプ場なので、薪を拾いがてら場内の散策をすることにしました。

リッチランドキャンプ場の場内散策

オートキャンプサイトへの細い坂道を登っていきます。すると、すぐに目の前にオートキャンプサイトの区画がありました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

私達が設営している場所とは、似たような感じです。強いて言うなら、木に囲まれている範囲が広く、日影が多いという感じです。
目の前には炊事場や、デイキャンパーのためのBBQスペースもあります。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

全体を通して思ったのですが、このキャンプ場はデイキャンパーのための設備が整っていて、
下手したら、テントと食材さえ持ってくればどうにかなってしまいそうな感じがしました。

リッチランドキャンプ場のトイレ

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

すぐ脇にトイレがありました。ただ、このトイレはなかなか女子にはハードルが高そうなトイレですね。。。若干、妖怪が出てくる感もあります。
汲み取り式のようです。もしも、水洗のトイレがよいなら、管理棟まで行けばキレイな水洗トイレがあります。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

なかなか夜来るのは勇気がいりそうです。笑

リッチランドキャンプ場のツリーハウス

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

周囲はこんな感じで、完全に山の中。杉林で囲まれています。
逆側は渓流への斜面となっていまして、渓流では子供達が遊んでいました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

先へ進むと、もう一段上のスペースがあるようで、こちらもオートキャンプサイトのようです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

このサイトの突き当りまで行くと、なにやらあるようです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

ツリーハウス村?

と書いてあります。よくよくみると、林の中にツリーハウスが!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

中に入れるのかな?と、裏に回ってみると、

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

「のぼらないで下さい」との注意書きが。 老朽化で危ないのかもしれませんね。

このあたりまで来ると、まさに林の中なので、たくさんの薪になる枯れ枝が落ちています。太めなのと細めなのを何本か担いで持っていくことにしました。

自分のサイトに戻ってみると、既に16時頃です。

キャンプ場の露天風呂に入る

このリッチランドキャンプ場で一番楽しみにしていたのは、

めずらしく露天風呂のあるキャンプ場

ということなんです。

しかも立ち寄り湯としてもやっているらしく、結構大きいちゃんとした露天風呂っぽいんですよね。
しかし、なぜだかやってるのが 18時まで! 早っ! 普通、18時頃から入るのが普通だと思うのですが、その時間で終わりって、、、汗。

そんなわけで、16時頃には入ろうと決めていました。
というわけで、風呂道具を持って露天風呂に向かいます。

温泉は管理棟のすぐ隣にあります。
途中、バンガローが立ち並ぶエリアを通りましたが、面白い形ですね。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

炊事場には、冷蔵庫や、薪ストーブまでありました。至れり尽くせりですね~。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

露天風呂までの道のりはキャンプサイトから3分程度です。あっという間ですね。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

途中、こんな当たり前の風景なんですが、春の訪れを感じますね~

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

着きました。この細い橋のような通路を渡っていくようです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

玄関はこんな感じです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

入ってみると、結構広く、休憩スペースもある感じです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

男風呂はどんな感じなのか、見に行くと、内風呂は無く、露天風呂が3つありました。
人がいなかったので撮っておきました。すごい雰囲気のある露天風呂です。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

いや~! 最高の風呂でした。キャンプに来てこんないい風呂が楽しめるなんて、本当に最高です。
ただ、温泉だとばかり思っていたのですが、後で管理人さんに聞くと、温泉ではないようでした。それと、石けんは置かれていましたが、シャンプー類は無いので持参必須です。ちなみに持ち込みはOKです。

風呂を上がったら、ついでに管理棟を覗いていくことにしました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

デイキャンプを広く受け入れているせいか、色々なものがレンタルであるようです。バッグや洋服まで売っていました。笑
すぐ脇には休憩室まであります。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

管理人さんに聞くと、このあたりは、鹿、たぬき、ウサギ、ハクビシン、サルなど色々な野生動物が住んでいるとのことでした。
クマはさすがにまだ見たことが無い、とのことでしたが、クマはちょっと怖いですよね。。。汗

夕飯づくりと薪づくり

ゆっくりとサイトに戻ったら、夕飯と薪をつくり始めます。今夜の夕飯は、

  • タイ風グリーンカレー&雑穀米
  • 途中の直売所で買ったパクチーとヤリイカの刺身を使ったサラダ
  • 豚軟骨とニラの炒め物
  • チーズ、ドライフルーツなど

と言う献立です。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

薪づくりにベストなギアとは?

嫁が夕飯を作っている間に、私は昼間に運んできた長い枝を切って、薪づくりをしていきます。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

これが持ってきた枝です。枝と言うより「木」ですね。笑

ざくざく切っていきます。
何で切っているかというと、剪定用ののこぎりです。私はこれをシェビーバンの道具箱にいつも入れています。

キャンプ場で木を拾って薪づくりをする、というなら、正直なところ、これ1本で事足ります。
太い木も細い枝も何でも切れます からね。メチャクチャ頼もしい相棒と言えばその通りです。

日本のキャンプ場で薪にする木を拾うとなると、丸太などを拾うより、太めの枝木を拾う事のほうが圧倒的に多いんですよね。しかも大概は樹種は「針葉樹」です。ほとんどか杉かヒノキあたりでしょうか。太くてもせいぜい直径は10cmがいいとこです。なので、縦に割るよりも、長モノを拾ってきて40cm程度に切っていく、という感じの方が圧倒的に多いんですよね。なので、この剪定用のこぎりで、ザクザク切ると言うのが楽チンなわけです。

なんて言いながらも、使うかどうかに限らず、本当は、飾るだけでも絵になるような上、質実剛健な スウェーデンのグレンスフォシュ・ブルークの斧 などが欲しいんですが、、、
なかなかチョッと手が出ませんね。。。実際あったとしても出番の少なさを考えると、なかなか難しいんですよね。。。

フルターフォシュの斧もいいですね~!これもスウェーデンのものです。

ウェッタリングスもスウェーデン炭素鋼を使っています。

こういった斧ももちろん良いんですが、もしかしたら、実際使い勝手という意味では、斧よりも、他の用途にも使えそうな 鉈(ナタ)やマチェーテ の方が良いのかもしれません。ただ、車に積んでる最中に万が一パトカーに職務質問受けたら、、、連行の可能性は特大ですが。。。汗

とは言え、ギア欲と言うのはなかなか納まりません。手ごろな価格と言うことで、私は米AMAZON.comで人気のコレもいいなぁと思ってました。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

Estwing E24A 14-Inch Sportsman’s Axe with Leather Grip & Nylon Sheathrichland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

柄も革で巻かれていてなかなかカッコいいんですよね~! 柄と刃の部分が一体化してるので、うっかり刃だけがすっ飛んでいく怖さもありません。笑
刃物を輸入って、簡単に行くのかどうかという不安はありますが。

でも、どちらにしても、この剪定用のこぎりがダメにならない限り、買う機会はないのかもしれませんね。。。

と、30分くらいで全て切り終わりました〜。 

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

嫁の方も夕飯の準備が着々と進んでいるようです。

今回は、何年も前からず〜っと買いたかったんですが、なかなか現行の鍋類がダメにならないために買えなかった、ユニフレームのFAN5DX を最近やっと買ったので、そのデビュー戦です。

初めて使う嫁は、あまりのスタッキングっぷりと使い勝手の良さ「これは本当にすごい」と連発してました。笑
やっぱり、人気のある商品には理由があるってことですね。

そうこうしてるうちに夕飯が出来上がりました〜!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

まずはおかず系ですね。そして、メインの、、、

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

グリーンカレー&雑穀米 です。

う、うま〜い!

私、以前はグリーカレーが苦手で仕方なかったのですが、いつの間にか今では食べられるようになってます。不思議なもんですね。とは言え、まだまだ大好きってほどではないのですが。。。

さて、夜もふけてきたので、灯りを点けます。

自作ポータブル電源デビュー!

そう、今回は先日完成した、自作ポータブル電源 のデビュー戦でもあるんです!

早速、タープ下に吊り下げランプ用のガイドとしてロープを張ります。これ、ただの洗濯ロープなんですが、色がクリーム色なので、うちのTATONKAタープには全く溶け込んで、存在感が全然無いんです~。

こんな風にランプを吊り下げまして、ポータブル電源もセットします。ランプの配線も白系だと、全くなじんで存在感が消せて良いのかもしれませんね~。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

電源ON!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

バッチリです!!!
いやあ、どれだけこの瞬間を待ち望んだことか。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

この時はまだまだ明るかったので、3灯点しているのですが、あまり明るさがわかりません。
というわけで、真っ暗になったあとの状況です。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

1灯はキッチンの上に設置しましたので、これは ダイニング上の2灯 しか灯していません。しかし。キャンプ場にしてはかなりの明るさでテーブル面を照らしてくれています。ちなみに周囲には外灯が1本もありません。
食事がとても美味しそうに見えるのでストレスも少ないですね〜! いや〜、満足満足。

しかし、この吊り下げランプ、コードの分岐形態がイマイチ使いづらい ことがわかりました。。。泣 なのでいずれはこの吊り下げランプのコード部分を使いやすいように改造したいと思います。

 参考  DIY!吊り下げランプを改造する

食事も食べ終わり、程なくして寒くなってきましたので、焚き火タイムです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

針葉樹の薪は持ちは悪いんですが、すぐ火がつくので楽ですね〜。結構大量に薪が作れたので、贅沢に燃やしています。

 関連  本気で優秀な焚き火台

22時も回った頃、まだ薪も余ってるのですが、久々のキャンプで疲れも出てきたため、寝る事にしました。

ちなみに、吊り下げランプを消す時、自作ポータブル電源の電圧は「12.6V」でした。ということは、、、約80%以上は残っているだろうってところです。想定どおりで、かなり満足です!笑

リッチランドキャンプ場2日目

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

翌朝、快晴です!
抜けるような青空 が広がっています。

朝ご飯を嫁が準備してる間、私はランプの片付けを終えてから、そばの木にロープを張って、シュラフを乾かします。ついでにダウンジャケットも乾かしました。太陽の光がサンサンと照っていますから干すのにはバッチリです。これで帰ってから干さずに済みます。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

このくらいの長いスパンでも、トラッカーズヒッチ を使えば、かなり強い張力で張れますので、シュラフを干す程度ならば、そんなにたるませずに済みます。

 参考  キャンプで本当に使えるロープワーク

朝ごはんは、昨晩の残りの雑穀米を使ったガーリックライスとグリーンカレースープ、あとベーコンエッグ、コーヒーです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

青空の下で食べる朝食は本当に贅沢ですね〜。嫁もご満悦で食べています。笑

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

食後は少しずつ撤収です。ちなみに、このキャンプ場は、原則ゴミは持ち帰りです。置いていく場合は有料だそうでした。

すべて片付けてシェビーに積み込んだら、朝風呂です! アウト後も風呂に入っていいよ〜!という管理人さんの言葉に甘えて、帰り際にもうひとっ風呂浴びさせて頂きました。

「リッチランド」の由来

風呂上がりの帰り際、よく見ると管理棟そばに祠がありました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

お金が「いくらでも」できるそうです。どうやら「リッチランド」という命名はここから来ていたみたいですね。
もちろん、しっかりと参拝をさせて頂きました!

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

それでは、リッチランドキャンプ場をおいとましまーす! 

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

帰り途中、すぐそばに道の駅がありました。お土産などを買う人にはちょうど良いですね~。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

そして、しばらく行くと、行きに寄った直売所です。ここで野菜を買おうというお話だったんですね。
と、脇のジェラート屋が長蛇の列です。 こんな片田舎で?と思いましたが、よっぽどなのかと思って私達も並んで買いました。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

クルミとキャラメルナッツのダブルです。

richland_02-2 リッチランドキャンプ場はこの時期に行くと最高だった!

メチャクチャうまい! こんなにうまいジェラートは久々です!イタリアで食べて以来かもしれません!かなりオススメです。

まとめ

今回のリッチランドキャンプ場、都心からも1時間程度とアクセスは最高で、環境も整っています。
トイレは若干ビミョウなところもありますが、露天風呂の魅力のおかげで余裕でカバーですね!

ただ、この時期、花粉がすごい ので花粉症の人はしっかり対策が必要です。私は重度の花粉症なので薬で対応もしていましたが、それでも鼻水グズグズでした。泣

また、丹沢山系は夏は ヒルの出現でも有名 です。 夏に来る場合は万が一の対策としてヒル対策グッズは用意しておいた方が良いと思います。
実際、丹沢での登山で友人は大量のヒルに遭遇してダッシュでヒルエリアを駆け抜けたそうです。。。泣

オススメ度:★★★☆☆

 

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - キャンプ、釣り

Translate »