のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!庭用に木製の縁台を自作する

      2017/09/12

さて、今回も 引越しついでの据え置き家具自作 の続編記事です~。
と言っても、今回は部屋内に置く家具ではなくて、庭に置く家具です。

庭に置く木製縁台の自作

うちは1階に引越したので サファリパーク並みに広大な庭 が使用できるのですが、外に出るための窓の下端と地面の落差が40cmもあるため、出入りがなかなか手間なんです。
ここに縁台でもあれば、ベンチとしてもちょこっと座れますし、土足への履き替えも楽だねえ~、ってことで、

ならさっそく縁台を作ろう!

ってことになったわけです。

縁台またはベンチともなりますと、大人が3~4人くらいが座っても壊れない程度の強度が必要な上、外部に置きっぱなしなので、ある程度の耐久性も必要になってきます。
とは言っても、やはりいつも通り、なるべく材は少なく、軽くしたい 気持ちもあります。
というわけで、そのあたりに重心を置いて、設計をしていこうと思います。

夏に縁台で 焼き鳥でも食べながらビール とか、作る前からメチャクチャ楽しみですね~!笑

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

こんな丸太や分厚い無垢の天板があれば、シンプルで無骨なカッコいいのが作れるんですけどね。。。なかなかこういった材料は手に入りにくい上、高価なのでそうもいきません。。。泣

縁台の設計図を書く

さて、いつも通りさっくりと描いていきます。
縁台と言いますか、ベンチと言いますか、この手のものの構造は色々なパターンが考えられるのですが、少しでも端材が出ない事を念頭に、一応今回はこんな感じで考えてみました。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

結局、材を少なく・軽くしたいという場合、こういった構造と言うのは 補強材がいかに少なくて済ませられるか と言うのもとても重要になってくると思います。
もちろん 主要部材の断面を小さくすることも重要 ではあります。ですが、主要構造部材の断面を小さくするのは、全体の構造耐力を大きく低減することにもつながる上、見た目にも華奢でイマイチな気がするので、なるべくならこの選択はしたくありません。見た目の華奢さが「デザイン」なのであれば話は別ですが。。。

さて、と言うわけで「補強材を少しでも少なくする」ということで考えて行くと、この補強材については、

  1. はじめは補強材ゼロ
  2. 完成形まで持っていってく
  3. 補強が必要そうであれば1段階目の補強材を入れる
  4. まだ補強が必要そうなら2段階目の補強剤を入れる
  5. 最悪、3段階目の補強剤を入れる

と言う風に 3段階まで追加の補強材パターンを想定しておく という計画にしておこうと思います。
今回も、基本的に強度が必要なので、構造部材は断面の大きい2×4材、天板は1×4材で作っていこうと思います。最近、杉の荒材はとんと出番がありません。笑

図面を見ていただければわかると思うんですが、3段階目の補強材までやるとなると 構造骨組みの2×4材は1.5倍以上 余計に必要 となってしまうんです。
なので 補強材のエコ化 というのはとても重要だなあと改めて痛感しました。

初めての 人が体重をかける家具の自作 なので、作成しながらの試行錯誤となりそうです。「人が体重をかける」ということは うっかりするとケガにもつながります からね。
設計図は今回もUPしておこうと思いますが、上記のケガのこともあるので、特に今回はいつもに増して自己責任で取り扱ってください。

設計図はこちらです。 → 木製縁台の設計図

材料を切断、組み立てる

さて、例によって買ってきた木材にケガキを済ましたら、ざくざくと切っていきます。
そして、計画手順に沿って、まずは天板のフレームを組み上げたら、そこに天板を「クギ+木工用ボンド」で打ちつけていきます。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

このとき、スノコ状にたくさんの部材を並べて固定する場合は、

  1. 一番端の部材を打ちつけ
  2. 真ん中の部材を打ちつけ
  3. 打ちつけされてる部材同士の真ん中あたりの部材を打ちつけ
  4. ~繰り返し~終了

と言う手順でやると、しっかり均等に配置 できます。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

出来上がりました!そして、これが裏側です。こんな風なフレームとなっています。
ちなみに、真ん中の大梁には天板はクギ打ちしていません。端の大梁だけにクギ打ちをしています。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

次に、脚を取り付けていきます。まずは角の4本を取り付けます。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

すべて取り付け終わったら、一旦立てて、強度を確認します。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

写真を撮ったら、ストラップが見切れてしまいました。。。全く気づかず、、、泣

ど真ん中に嫁と2人で座って、2人で全体重をかけてみました、全くグラつく様子もたわむ様子も無かった為、補強部材は入れずにこれで完成 とすることにしました!
実際、補強部材を入れないほうが、すっきりしていて見た目も良いです。

ただ、若干 前後への振れ強度に不安 があったので、今後もしかしたら「2段階目の補強材:補強梁」だけは入れても良いかなあと思っています。
ちなみに、予備脚は不要だと思います。

木材保護塗料を塗る

今回は、外部に置きっぱなしのものなので、以前作成した作業台と同じように、木材保護塗料を塗っていきます。

2.5L 入りの大容量なので、これだけの大物でも充分に足ります。冬なので6時間以上乾かしてから、2度塗りしておきました。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

拡大するとこんな感じです。

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

endai03 DIY!庭用に木製の縁台を自作する

なかなか雰囲気出ていますね~! チョコレートでも刷り込んだかのような風合いです! なかなかのビンテージ感です。
これで、これから暖かくなったら、縁台でBBQでもしながらうまいビールが飲めそうです!

なかなか大きいですし、重さもありますが、自作自体はなかなか簡単ですので、是非参考にトライしてもらえると嬉しいです~!

DIYのための道具の種類や使い方、選び方はこれを読め!

「これを読め!」などと偉そうに書いていますが、実際、読んで損は無い記事です。笑

 参考  DIYで使ってほしいおすすめ工具、道具たち ①

 参考  DIYで使ってほしいおすすめ工具、道具たち ②

何だかんだ言っても、DIYは、結局、腕なんかよりも

  • 計画(設計図)
  • 道具
  • やる気

で、成功するかどうかの 9割 が決まってきます。これは絶対です。

DIYの記事もいくつかアップしてきてはいますが、その記事の中でも「様々な豆知識や忘れがちな大事だと思う事」を書いてきているつもりですが、それよりも、もっと基本的で大切な事をまとめている ので、まずは一度目を通すことをオススメしておきます。

 

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY, インテリア

Translate »