のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

      2017/09/12

今回は、いつもやっている DIYの作業をやりやすくするためのDIY をしたいと思います。。。

DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

前回記事から 据え置き家具を自作する! ということで、実は色々と並行して作り始めているんですが、そんな中で前から思っていたのが、作業中の姿勢が苦しいせいで 疲労が半端じゃない ってことなんですよね。泣

その上、これまではいつもホームセンターの工作室をお借りして、そこで作業してきましたが、せっかく引越しをして 広大な庭(?)があるのですから、そこで作業をしたいなと思ったわけです。しかし、庭の地面は土。。。泣
当然木材などを汚したくないので、どうしようかと。。。ウッドデッキを作るってなったらそれこそ大掛かりな作業ですし。。。

作業中の姿勢も辛いし、せめて、木を切るくらいは出来る作業台があったら良いな!ということで、はじめは 人気のある作業台でも買おうかな と思っていました。

しかし、小さいものの木工程度ならこれで充分なのですが、家具を作ったりともなると、小さくて木材が乗り切りません。。。
なので、昔から使われている作業台 通称:ウマ を作ることにしました!もちろん、市販でも売っています。ソーホースなどとも呼ばれています。

しかし、自分流にカスタマイズしたものが欲しかった ので作ることにしました~。

作業用ウマの材料の木材を選ぶ

今回、作ろうとしているものは、何よりも頑強 でなければなりません。なので、断面の大きい木材ということで、総2×4材 で作ることにしました。
重くはなりますが、基本的に庭に置いておこうというものですから、重くて結構、むしろ重いほうが安定するって言うわけです!

塗装については、基本的に庭に雨ざらしで置いておこうと思っているので、そのままでは半年くらいで腐ってきそうな気もします。2×4材に代表される SPF材 と言う木材は、水や虫に弱い木材ですからね。
なので、木材用防腐塗料を塗ることにしました。

見た目は、色が付くだけで、意味があるのか無いのか、あまりわからないです。でも、これを塗っておくだけで、かなりの耐久性UPにつながるみたいです。高価なものではないので、1年に1回くらい塗装してあげれば、10年くらいはもつでしょう。笑
しかも、このアサヒペンの防腐保護塗料は、色々ある木材保護塗料のなかでも、値段の割りにメチャクチャ量が多い! かなりリーズナブルです。ってことは 効き目は弱いのか?とも思ってしまいますが、まあDIYですからその辺りは 今後の状態を見守る実験!と言うことで、良いこととしましょう。笑

塗料自身は水のようにさらさらで、ペンキのように塗布すると言うよりも、ワトコオイルのように 木材に含侵していくタイプ のものです。なので将来、塗膜が禿げて機能が落ちる、などの心配は少なそうです。

作業用ウマ(作業台)の設計図を書く

簡単なものですが、一応どんな構造にするか考え、図面を書いてみます。ポイントとしては、

  • 天板部にクランプ(ヴァイス)がはさめるよう、はね出し構造にする
  • 何はともあれ頑強
  • 2セットの上にコンパネを橋渡しして作業テーブルにも出来るようにする
  • 2セットを重ねて保管できるようにする(省スペース)

って感じです。そして、描いた設計図がこちらです。

510Z3R32XYL._SL160_ DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

一応、今回も簡単なものではありますが、設計図をUPしておきま~す。
こちらです → 作業用ウマの設計図

材料の2×4材を切り出す

どんどん木材を切り出していきます。1×4材と違って、厚みがあるので、まあまあ大変です。笑
本数は、そんなに多くないのですが、断面が分厚いので、その分大変なんですよね。

同じ長さの部材が多いし 面倒だから重ねて一気に切ってしまえ!と、ツイツイ思ってしまうところですが

  • 木材の重ねてのまとめ切り(2×4材3本重ね や 1×4材6本重ね など)
  • 手ノコ + ガイド無し

をやると、私達素人は、経験上 間違いなく断面方向で曲がります!泣
重ねた一番下の部材は、一番上の部材に比べて、下手すると 1cm程度狂ってしまう こともあります。なので、面倒でも、なるべく1本1本切っていくことがオススメです。

体力の低下を感じるこの頃、そろそろ、丸ノコデビューしかないかな~ とも思い始めています。。。汗 でも、作動音の大きさを考えると、近所への迷惑があるので、なかなか手を出せないでいます。。。

作業用ウマを組み立てる

組み立ては簡単です。

  1. 天板のI型部分を組み立てる
  2. 脚をビスで打ちつけていく

これで終わりです。今回はビスは長めで L75 のスリムビスを使用しています。
さくっと出来上がりました~!

510Z3R32XYL._SL160_ DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

I型部分の拡大はこんな感じです。

510Z3R32XYL._SL160_ DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

軽く乗ってみましたが かなり頑強です!そうそう壊れる心配も無さそうです!

重ねて保管する時はこんな感じになります。

510Z3R32XYL._SL160_ DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

出来上がったあとは、先ほどの木材保護塗料を嫁に塗装をしてもらいます。

今回は丁寧に塗らないまでも、キッチリ表面全てを塗ればよいだけです。一応、2度塗りしてもらいました。

510Z3R32XYL._SL160_ DIY!DIY作業用のウマ(作業台)を自作する

これで今後のDIYも、ある程度は庭で出来そうです~!楽しみですね~!
何よりも、腰が痛くならないで済みそうなので、本当に助かりそうです。嫁も塗装がやりやすくなりそうだと喜んでいるので、大活躍してくれそうです~。

<2017.06.22追記>

あれから、約4ヶ月経ちます。雨ざらしで庭に置いており、DIYのたびに大活躍してくれていますが、特におかしくなったり、壊れてしまったりなどは 全くありません!

ただ、若干塗装の色が薄くなってきてる 気もするので、そろそろ全体を防腐塗料で1度塗りしてあげるとよいかなあ、と思っています。

雨ざらしだと、どうしても酸性雨の影響で塗料も溶け出してしまうのかもしれませんね。屋内で保管できる場所がある人は、間違いなく屋内に保管した方が良さそうです。。。

DIYのための道具の種類や使い方、選び方はこれを読め!

「これを読め!」などと偉そうに書いていますが、実際、読んで損は無い記事です。笑

 参考  DIYで使ってほしいおすすめ工具、道具たち ①

 参考  DIYで使ってほしいおすすめ工具、道具たち ②

何だかんだ言っても、DIYは、結局、腕なんかよりも

  • 計画(設計図)
  • 道具
  • やる気

で、成功するかどうかの 9割 が決まってきます。これは絶対です。

DIYの記事もいくつかアップしてきてはいますが、その記事の中でも「様々な豆知識や忘れがちな大事だと思う事」を書いてきているつもりですが、それよりも、もっと基本的で大切な事をまとめている ので、まずは一度目を通すことをオススメしておきます。

 

 

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY

Translate »