のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

      2017/09/08

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

今回は、AMAZON.COMで面白い商品を見つけたので記事にしておこうと思います。

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

車内でポータブル温め器?ポータブル電子レンジ?

と言えばいいのでしょうか? 表題では「ポータブル電子レンジ」なんて書きましたが、レンジほどの瞬間性は無いでしょう。
それにしても、思えば生活の中でレンジやオーブン以外に食べ物を温める機械が無いので、なんと呼べばよいのか困るところです。。。笑

車内の12Vシガーソケットから電源をとって、食べ物を温めてくれる電子レンジ的な商品です。もちろん機構は 電子レンジのような瞬間的にガツンと温めるものではないようですので、暖めには時間がかかるようですが、300°F(150℃くらい)まで温められるようです。

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

飲み物を冷やすような、クーラーボックスは当たり前にありますが、温めるとなると、普通は、キャンプ場で火や炭をたいて・・・とか、ツーバーナーで・・・とかですよね。
しかし、これを使えば、気軽に車内で冷えた食べ物を温めることができます。ちょっとした時になかなか便利ですよね。レビューや評価もなかなか良いみたいですね。

メーカーのHPでどんな仕様か見てみたところ、消費電力が144W のようですので、15分使ったくらいではバッテリーあがりには全くならない計算にはなりますが、バッテリーへの負荷を考えると、エンジンがかかってる状態で使うことが望ましいでしょうね。

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

冷やしたり温めたりのための商品は、よく 温冷庫 などと言って、結構見かけますよね。

仕様では、この商品は、1.6℃~60℃まで冷やしたり温めたり出来るようです。どこまでこのスペックが本当か?という話もありますが。
「冷蔵庫ほど冷えなくて腹が立った!」
みたいなレビューもチョクチョク見かけますからね。そもそも冷蔵庫じゃないんだから仕方ないと思うんですけどね。笑

冒頭で紹介しました RoadPro 12-Volt Portable Stove はこの温冷庫に近い感じのものなんだと思いますが、その中でも温めることに特化した商品ってことなんでしょうね。
電気を用いて何かを温めることというのは、電気ストーブがあることを考えても、それほど複雑なことではありません。なので、温める能力については信頼できそうですよね。

ちなみに、この Road Pro というブランド、12V対応の電化製品を色々出していて、こんな気になる商品もありました。

レトロデザインの車用扇風機

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

12Vというのはいわゆる車のバッテリーがそれですので、簡単に言えば、車で使える電化製品を色々出している会社 ってことでしょう。
この扇風機なんかは、レトロなデザインでありながら価格もリーズナブルでなかなか魅力的ですよね。バン泊やキャンピングカー泊をするような人たちは、車内に設置するとイイ感じかもしれませんね~。

キャンプにポータブルオーブン

今度は、同じような調理器具なんですが、これは車内で使うとかではなくて、まさに「キャンプで使う商品」です。

camp_gear_03 ポータブル電子レンジ & ポータブルオーブン&車内用レトロ扇風機

2バーナーの下部にオーブンが内蔵されています。ここまで来ると、もはやシステムキッチンを丸ごと持って来た感がありますよね。

さすがアメリカ~ン。。。 やることのスケールがデカイ!

この商品、海外のサイトで「2014 Gear Of The Year」に選ばれているほどです。アメリカでは普通かもしれませんが、はっきり言って日本では見たことがありません。
これ持っていたら、キャンプ場で色々な人に話しかけられそうですよね~! かく言う私も、もしも見かけたらついついお話を聞いてしまいそうです。

そして実用面では、アウトドアクッキングで腕によりをかけたい奥さま方には、かなり魅力的に映りそうですよね~!
仕様を見ますと、オーブン温度は家庭用のオーブンほどではありませんが、200度まで上げられるようです。その上、170度くらいで最大7時間維持することが出来るようですね。それにしても、もう、ここまで来るとキャンプ道具というよりも、家電製品に近いレベルです。笑
もしも、震災などに見舞われても、これさえあれば、普段と同じ食生活が送れてしまうかもしれない ようなレベルですね~。

ただ、、、せっかく本体の値段は3万円以下で買える感じで悪くないのですが、製品自体がデカくて重いせいか、なかなかの送料となるようです。。。泣
その上、アメリカの2バーナー類は、ガスの仕様が日本とちょっと違うようなんですよね。

いわゆるカセットガスは当然のこと、いわゆるOD缶も対応していないはずです。なので、専用のアタッチメントを別途買う必要はありますね。言い換えれば、アタッチメントさえ買えば、普通に使用できるってことでもあります。

こう言ったことさえクリアできれば面白そうなギアですよね!

ちなみに、この商品、料理好きのうちの嫁にこの商品のことを話してみたら・・・

「すごい良いじゃん!すごいほしい!」

と速攻で返事が返ってきました。うちはまだ買ってはいませんが。。。笑 

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - キャンプ、釣り, 個人輸入

Translate »