のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

      2017/09/11

今回は、前回の続きです。

タコメーターを車内で実際に設置する

というわけで、車内に設置する経緯の記事を書いていこうと思います。

前回は、パネルやタコメーター自身のセッティングなど、主に家の中で出来る作業をまとめてきましたが、ここからは、実際にそれらを持って、車の中でしなければならない作業をまとめていきます。

ダッシュボード内部材とタコメーターの干渉部分を処理する

まず、タコメーターを装着したダッシュパネルを、ダッシュボードに装着する際、ダッシュボード内の部材に、一部タコメーターが干渉するので、そこを処理します。

その前に、、ダッシュパネルを開け方も書いておこうと思います。 前回記事で、すでにダッシュパネルは外しているので順序が逆になってしまいましたが。。。汗

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

赤丸3ヶ所を外すとウッドパネルが外れます。

  • ハンドルを一番下にセット
  • エアコンの送風量ツマミを3くらいにセット
  • コラムシフトを引きながら

やるとスムーズに外れます。次に、赤矢印の2ヵ所(下から)のビスをはずします。最後に青印のファンツマミを外します。これはただ引っ張るだけでスポッと抜けます。あとは、薄い六角ワッシャーみたいので固定されてるので、これを表からレンチで外します。
これで樹脂パネルが外れます。

さて、話は戻りまして、タコメーターを換装したダッシュパネルを元通りにあてがってみると、明らかにタコメーター全体が、ダッシュボード内部の樹脂部分に干渉します。なので、ダッシュボード内部の樹脂部分に穴を開けていきます。
既に向かって右側は、ファンのツマミ用に穴が開けられています。さすがアメリカ、だいぶがさつな穴ですね。笑

穴あけ前
tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

まずはこの樹脂部分にケガキをします。これは、ダッシュパネルをダッシュボードに一旦固定して、穴の部分に沿って鉛筆でケガキをしてあげました。

そこまで正確で無くとも、おおよその位置がわかれば、径はわかっているので、穴あけの中心位置は大体わかります。あとは、

  1. ワンサイズ大きいホルソーで穴を開ける
  2. くり抜き用のノコギリで少し大きめに穴を開ける

この2つのどちらかですね。ホルソーの使用が難しそうならば、2番でいけば、まず大丈夫かと思いました。ただ、中に落ちる切りクズ・カスの処理に悩むところです。。。
結局、くりぬきノコギリではなかなか切れそうになかったので、ホルソーを使いました。φ63mmのもので大きめに開けています。

穴あけ時の削りカスがA/Cの内部でまみれないように、一応、適当な紙を挿入して養生しながら穴あけをしました。

ホルソーで穴あけ時の振動が、もろにA/Cに伝わってる感じだったので、故障させやしないかヒヤヒヤでしたが、後でA/Cつけてみたら大丈夫でした。汗

穴あけ後
tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②そこそこキレイに穴あけが出来ました。ためしにタコメーターの背面ブラケットのみをあてがって合わせてみると、充分入りそうです。

配線計画をする

次はどう配線するかを考えます。車の電気DIYは初めてなのでキンチョウします。笑
まず、タコメーターの MANUAL の配線図を見ると、バルブで2本、本体から3本の合計5本 の配線をそれぞれ下記に接続処理する必要があります。

  • ACC電源:イグニションにリンクした電源
  • イルミ電源:ヘッドライトにリンクした電源
  • ボディアース×2:ボディの鉄板部
  • 回転数シグナル:エンジン周辺にある回転数信号配線

こんな感じです。一応わかりやすく翻訳しています。
この中でボディアースが2本と被っています。なんで、まとめてしまった方が配線がスマートかなと思いますよね。こんな感じです。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

タコメーター本体にしてもバルブにしても、流れる電流は、まず1A以下と思われます。合わせても 1A×2=2A
配線は0.5スケアのものを使う予定です。0.5スケアの配線は7Aまでイケルみたいですので、充分クリアですね。合流させても大丈夫そうです。
・・・なんていう風に思ってはいたのですが、
後々、バルブのソケットを変える必要がでたときのことを考えて、、、やはりそれぞれ単独でボディアース線をとることにしました。笑

ACC電源、イルミ電源をとる

まず、ACC電源とイルミ電源の確保場所を決めます。マイシェビーバンは、国産車と違う上、コンバージョンですので、配線がどうなってるか全く不明なので、ヒューズボックスから確保するのが安心かなと思いました。マイシェビーバンのヒューズボックスは、運転席の足元奥に露出で配置されています。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

初めはヒューズ電源で電源を取り出そうと考えましたが、一見ヒューズ差込口のような端子なんですが、実際は単独で電源をとるような空きコネクタがあったので、そこに端子を挿入する感じで使おうと思います。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

もし使うと危ないコネクタだとしても、配線にはヒューズを入れておくので、きっと大丈夫でしょう。汗

常時電源か、ACC電源か、イルミ電源か・・・などは、検電テスターでチェックします。

ワニグチクリップをそばの適当な露出している鉄ボルトに噛ませて、チェックします。。。
・・・常時電源ばっかです。笑 数箇所チェックして、やっとACC電源のコネクタを1つ見つけました。

次にイルミ電源です。こっちの方がレアでした。笑
何しろ、ヒューズボックス全体で1ヶ所しか見つかりませんでしたから。あっただけラッキーなんでしょうか。笑

では、これらの電源からタコメーターまでの配線をつくって行きます。
延長する場合、今回使用するのはこの0.5スケアの配線です。

ヒューズボックスから、タコメータを設置する箇所までの長さは、余裕を見込んでも1m程度もあれば充分です。

これは付属で数種類の端子があるので、必要な場合はこの付属の端子を使って作って行きます。

タコメーターから出ている配線を延長しないと長さが足りない場合は、回転数シグナル線を除いて全てハンダで接続・テープで絶縁して延長します。将来バラス時があっても、回転数シグナル以外は簡単に根本から外せるためです。

回転数シグナルだけは、根元がエンジンの中なので、コレだけは脱着口を作業しやすいところに持ってくる意味で、ギボシ端子で接続 させたいと思います。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

ギボシ端子は、メスにカバーを付けるので、メスをバッテリーのプラス側 ・・・ つまり今回ではエンジンからの配線側に取り付けます。
カバーが付いていれば、万が一の時のショートを防げる可能性が高いからです。

回転数シグナルの接続部は、実際見てみないと何ともいえないので未定です。よくわからないコネクタなんぞが付いていたら、ぶった切って接続・延長するつもりです。

これらの作業は、回転数シグナルからのギボシ端子(メス)配線以外は、あらかじめ全てうちで出来るので気が楽ですね!

※実際はハンダ付けが面倒になって、ハンダ接続部は全てカバー付圧着端子で接続してしまいました。汗

これでACC電源とイルミ電源との接続計画は完了です。あとは、最も油っこい 回転数シグナルの確保 です。

回転数シグナルを確保する

シェビーバンの回転数は、エンジンそばにあるディストリビューターという機械のそばにあります。通称「デスビ」と呼ばれています。

「ディストリビューター」とは、「イグニションコイル」と言うところで発生した高電圧の点火電流を、各気筒の点火プラグに分配する装置

だそうです。大体言っていることはわかるのですが、若干ちんぷんかんぷんになりつつあります。。。
見た目はこんな感じで、キャップから複数のチューブが出ているものです。このキャップを「デスビキャップ」と呼びます。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

で、問題の回転数シグナルは、このデスビのそばにあるイグニションコイルから取れるみたいです。ネットで調べてみると、あらかじめそこに、余ったコネクタが残置されているらしいです。とは言え、この年代のコンバージョンは、車によってばらばらな可能性も有るので、まずは、見てみないと何ともいえませんね。。。汗

というわけで、どんなところからシグナルが取れるのかがわかったところで、実際にデスビ近辺にアクセスします。つまり、エンジンにアクセスってことです。

普通の車はエンジンはエンジンルームってことで、ボンネットを開ければそこに鎮座していますよね。なので、見るのは簡単です。
しかーし、シェビーバンは違うのです。
車内の運転席と助手席の間のコンソール、通称:DOG HOUSE or おかま or エンジンカバー&エンジンフード  を開けてアクセスするんです!

う~ん。既に大変そう。。。汗

ゴールが遠いと、不安になりますが、ひとつひとつやっていけば、どうにかなるでしょう。。。

シェビーバンのDOG HOUSE を開ける

さて、では、DOG HOUSE を開けます。

  • クッション保護カバーを外す
  • ウッドテーブル(トレイ)を外して退避させる

まずはここまで。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

赤矢印の2つのウッド部材を先に外しておきます。絶対に傷つけたくない部材ですからね。DOG HOUSEサイドのクッション保護カバーは左右それぞれ3ヶ所程度のビスで留まっているのでそのまま外します。

次にDOG HOUSE本体の上にかぶさっているコンソールボックスを外します。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

灰皿部分の奥の上に2ヵ所ビスがあります。あと、灰皿フタの脇の2ヵ所と、サイドの白丸の2ヵ所、下部の白矢印の2ヵ所、にビス・ボルトがあるので外します。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

DOG HOUSEが現れました!
今度は白矢印部のボルトを少し緩めてから、そのボルトにかかっているバックルを外します。そして、青矢印部分のボルトを外します。
この青矢印部はカバー・床カーペットの下に隠れています。デカイ丁番のような感じになっています。ボルトを外すと丁番はDOG HOUSE側に残る感じになります。

ここまでで既に10ヶ所以上ビス・ボルトを外し、でかい部材が車内に所狭しと並んでいます。。。いや~大変です。。。

さて、これで開けることが出来そうです。DOG HOUSEを手前に引く感じでずらし、その後持ち上げる感じで開けることが出来ました。

ジャーン! エンジンご開帳です!

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

 

すげえ。。。エンジンを生で見ると、、、30年間ご苦労様です、、、って感じです。作業としては、ここまでやっただけで、かなりの達成感と感動。笑

さておき、イグニションコイルを探します。そして、周辺で余ってるコネクタを探します。「tacho」などと刻印があればわかりやすいのですが。。。
う~ん。。。これかなあ? イグニションコイルは見つかりました。。。赤矢印ですね。青矢印がデスビです。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

・・・おかしいな?余りコネクタなんぞ無いぞ?

おいおい。。。参ったな。。。ネットで見たこの情報を元に探しているのですが、何だか見つかりません。。。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②出典:http://www.justanswer.com/chevy/3tlj6-coil-1987-chevy-r10-truck-hook.html

困りましたね。。。

どうしようもなく困ってしまったので、DEEZ CREWに電話をかけさせていただきました。。。すると、場合によっては回転数シグナルはイグニションコイルから分岐して、ボンネット側に出している場合もあるとのこと。
ボンネットを開けてごそごそ探ってみると、、、何だか先っぽがテープで巻かれた余りラインを発見!たどってみるとエンジンの方に行っているじゃあないですか。赤矢印の 青いライン です。

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

しかし、コレが本当に回転数シグナルかどうかわからないので、まずは、タコメーターを試しに接続してみることにしました。
まずタコメーターをボンネットの上に置いて、各配線を仮結線していきます。仮なんでかなり適当です。

  • ACC電源への線をバッテリー直付け
  • ディーアース線は適当なボルトにテープ止め
  • 回転数シグナルと思われる線をコネコネして仮結線
  • バルブのラインはとりあえず放っておく

これで、エンジンを掛けてみます。。。

おおお!

tach_3_012 DIY!シェビーバンにインダッシュタコメーターを設置する ②

タコメーターの針がバッチリ動きました! 1000回転弱あたりで推移 しています。軽くアクセルを踏んでみると、バッチリ回転数が上がります。どうやら接続した線で間違っていなそうです。
これで正しいことがわかったので、エンジンを止めてから、この回転数シグナル線に、ギボシ端子(メス)と絶縁保護カバーを取り付けておきました。

それにしても、、、これならDOG HOUSE開ける必要なかったじゃん!泣

まあ、苦労はしましたが、これも経験ですね。いつかまた開ける必要が出た時は、楽に開けられそうです。泣
それでは、DOG HOUSE を元通りに閉じていきます。なかなか開ける場所ではないので、出来る限り清掃しておきました。

さて、ここまで来ましたら、あとはタコメーターを設置して、配線を結線すれば終わりです!

しかし・・・実はネット注文しているものの中で、唯一「ヒューズ」だけが届いていないのです!

ちなみに1/11に国内AMAZONで注文をし、1/13に発送完了だそうです。なのにまだ届いていません。。。よく配送状況を確認してみると、発送地が「中国」!!!
レビューを見ると、発送から到着まで20日程度かかりました的なコメントが!!! がーん。。。

なのでこの作業の続きは今月末あたりとなりそうです(泣)。。。つづく

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY, フルサイズバン

Translate »