のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

      2017/09/11

今回は、自分でシェビーバンのメンテナンスをすると言う記事です。

シェビーバンのウォッシャーポンプを交換する

本当は記事にするまでも無いような作業記録記事なのですが、、、

と言うのも、実はこの作業は、正直、子供でも出来るくらい簡単な作業 です。。。
しかし、私をはじめ「車のボンネットの中なんてさっぱりわからないから、部品交換なんてまず無理!」って人はかなり多いと思うんですよね。

そんな人たちのために、一応記事にしておこうと思います。「こんなに簡単に自分で出来ることもアルンダヨ!」的な記事ですね。笑

あまりに簡単な作業なので、ネットで検索したって詳しいやり方の説明なんてヒットするわけありませんし、だから自分でやると言う選択肢が無い 車への愛着もそこまで沸かない と言う人も多いと思いますからね。

あと、いつ交換したのかわかるように、一応、自分の為の作業履歴記録も兼ねてます。笑

ある日ウォッシャー液が出ないことが判明

さて、ある日、うちのシェビーバンで走行中に、フロントガラスがあまりに汚いので、ウォッシャー液を出してきれいにしようとしたところ、ワイパーは動くが液が出ない。。。

むむむ、詰まってるのか??? そう思って、しばらく放って置きました。。。笑
ある日、DEEZ CREWに他の用事で行った時に、N氏に「ウォッシャー液が出ないんですよね」と相談したところ、

「あー、これ、ポンプが逝ってますね」とのこと。「ポンプいくらですか?」と聞くと、「8000円くらいですよ」とのことで、在庫もあるとのことでしたので、
んじゃ交換お願いしようかな、と思ったのですが、お金を使うつもりで外出しなかった為、2000円しか手持ちが無かったんですね、、、泣

ってわけで、「すいません、今日手持ちが無いので、今度お願いします」と、メチャクチャ恥ずかしい人な感じで帰ってきたわけです。。。

その後、しばらくDEEZ CREWに行く用事も無く、ウォッシャー液のことも忘れかけていたのですが、最近は霜がすごくて、出先でコレを除去するのに、ウォッシャー液が出ないのが不便だと気づいたわけです。
遅いですよね。笑 

でもって、とりあえず暇だったもので、とりあえずボンネット開けて、ウォッシャーポンプってどこだ?と、興味本位で見て見たわけです。
すると、小さいポンプがウォッシャー液タンクの横に鎮座しています。そして、ポンプには

  • 給水チューブ
  • 送水チューブ
  • 電源コネクタ

と思われるもの3つが接続しているだけ。「ん?これって新しいポンプがあれば自分で簡単に替えられるでは?」と思ったわけです。

一度、興味がわくと止まりません。まずポンプを探そうと思い、AMAZON.comにアクセスします。

米国AMAZONは、車の部品であれば、車種と年式を入力することで、商品が自分の車に適合しているかどうか一発でわかるシステムになっていますのですごく楽です。
とはいえ、コレだけを信用するのもなんなので、商品が決まったら、それを他のアメリカのサイトなどでもチェックし、適合する商品か確認しました。

買うことに決めた商品はコレです。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

Trico と言うブランドのものなんですが、本国のrepair manual にも出て来るブランド名なので大丈夫だろうってことで買いました。にしても、約2000円。やっぱ本国は安いですね!
しかし、もっとすごいのは、送料なんです!

AMAZON.com の日本への送料が劇的に安い!

AMAZON.comで、この2000円程度の商品を買って日本に送る際の送料を算定させてみるために、決済画面に進んでみると、

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

なんと、送料、手数料合わせて、682円! いやいや、これって国内送料と変わらないでしょ!

恐ろしやAMAZON! まあもちろん、これに消費税がかかる可能性はありますが、それでも劇的に安いと感じませんか?
通常、アメリカからの宅配便やUSPS、UPSなどの郵便配送を使えば、商品の大きさや重さにもよりますが、安くたって3000円くらいはかかるイメージです。

となると、AMAZON.comで買えるものであれば、ここで買わない手はありません。

私は、気をよくして、本当はまだ買う予定の無かった、他のアイテム2つも併せて買ってしまいました。。。笑
でも、日本で買えば総額40000円近くすると思われるものが、送料込みで20000円くらいで買えてしまいました。本当にお得ですね!
もちろん、JC.whitney や ROCK AUTO、SUMMIT RACING・・・ など有名なパーツショップも他にありますので、そういうところでしか買えないものは、そちらで手配するしかありませんね。
もしAMAZON.comで手配出来るものなのであれば、AMAZON.comで買うのが良さそうですね。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

さて、注文から2週間。。。届きました!

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

国内のAMAZON.co.jpと梱包はほとんど同じです。さすがはグローバル企業なわけです。
そして、コレが明細です。本当に安いですね~。消費税は記載されていないんでしょうか?記載されている金額は決済時よりも安い気がしますね。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

早速梱包を開けて、でてきた商品を手に、マイシェビーに向かいます。

さて届いた商品はこれ。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

これを古いポンプと取り替えて設置するわけです。

古いウォッシャーポンプの現状を確認する

それでは、現状、古いポンプはどうなってるかと言うと、

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

こんな感じ。錆びや汚れですごいですね。こりゃ、壊れていてもうなずけるような見た目です。これは、うちのシェビーバンの場合、ボンネット内の大体この赤矢印あたりにあります。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

見ればわかるんですが、コレに接続されているゴムチューブを2本と、電線コネクタ1つを外します。

  1. 電源コネクタを外す
  2. タンク脇のポンプ固定ブラケットからポンプを外す
  3. 接続されている2本のゴムチューブを外す

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

コレが外したポンプです。

※本来は、電源絡みの作業場合、バッテリーケーブルのマイナスを外してから作業することが望ましいです。ウォッシャーポンプには常時電源は来ていないと信じて今回は外していませんが。。。汗

そして、新しいポンプを同じように接続します。。。

ir?t=nonkilog-20&l=alb&o=1&a=B000CB2M6M DIY!シェビーバンのウォッシャーポンプ交換

  1. 2本のゴムチューブを接続する
  2. タンク脇のポンプ固定ブラケットにポンプを固定する
  3. 電源コネクタを接続する

ジャーン。ハイ完了で~す! 作業時間3分以内。

んでは、エンジンを掛けて、ウォッシャー液を出してみます。。。バッチリと液が出ました!
コレにて完了です。どうですか、メチャクチャ簡単ですよね?

※ ちなみに、購入したTricoのポンプには、ゴムのガスケット(パッキン)のようなものが付属で付いてきますが、よくわからないので使用していません。多分、うちのシェビーバンの場合は特に使わなくて大丈夫なんだと思います。汗

しかし、DEEZ CREWさんには「今度作業をお願いします」なんて言っておいて、自分でやってしまったんですから、若干申し訳なあ・・・なんて気もします。いつもながら、DEEZ CREWのNさん、どうもありがとうございます!

にしても、むしろ、今回の一件で「自分で色々カスタムしてみるぞ魂」に火がついてしまったのは間違いありません。。。とは言え、ど素人ですから、にっちもさっちも行かなくなって行き詰ったときにはDEEZ CREWに駆け込もうと思います。笑

今後も色々と自分でやってみようかと思います~!
しかし、たったコレだけの作業なのに、初めて自分でボンネットの中をいじったせいか、自己満感がハンパじゃないです。笑

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY, フルサイズバン

Translate »