のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

台湾旅行にLCCで行ってみた ③

      2017/08/28

台北市内の観光~初日

台北桃園空港から台北市内へのバスは、いわゆる高速バス。高速道路をビュンビュン飛ばしていくのですが、、、ハッキリ言ってコワイ。

メチャクチャ運転が荒いんです! バスの運転手がってわけではなくて、全般みんな荒いんです。車の長さの隙間があったら平気で車線変更して入ってきます。事故らないのがむしろ不思議。。。

あっという間に「アンバサダーホテル前」に到着しました。このアンバサダーホテル、石原慎太郎氏の常宿らしいです。ネット情報ですが。

さて、降りると、まさにそこは東京。若干建物の古さが目立つものの、あまり東京と変わりません。地図を見ながらホテルに向かいます。あまり迷うこともなく、徒歩8分くらいで着きました。

台北昇美精品旅店 Taipei Hotel Bchic
住所:
TEL:

ホテルの規模は小さいもののエントランス外にはホテルマンらしきおじさんもおり、フロント周りも、小さいものの清潔でまとまっています。
チェックインを済ませ、部屋に向かいます。部屋はまさにビジネスホテル。笑 ベッド2つにカウンターテーブル、シャワーブースに洗面化粧台とトイレ、です。

狭いっちゃ狭いんですが、寝るだけですからね。充分でしょう。

さて、荷物を整理して行動用のバックパックに必要なものを詰めたら、早速観光に出発です。

今回の行動用のバックパックは、好日山荘オリジナルのこれです。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③ 4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

バイレス(BAILESS) ホールディングパック 20 4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

軽くて丈夫。そしてチェストベルトにウェストベルトまで付いている本格仕様。そして、もちろんパッカブルです。本体上部は大きく口を空けるジップ方式で大きなものの出し入れも簡単です。両サイドにはポケットがあり、ペットボトルなどが入れられます。中に入ってるものは、

  • 折り畳み傘
  • ガイドブック
  • 上着

原則的には以上です。この時期の台湾は、にわか雨が多いらしいのでく、折り畳み傘は必須です。また、台湾では、建物内はエアコンで激寒いことも多いことから上着は必須だそうです。

鼎泰豐(ディンタイフォン)で小籠包を食べる

まずは腹ごしらえです。小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)に行ってみます。東京にも支店があるらしいです。
ちなみにこのお店の支店、香港の鼎泰豊(ディンタイフォン)は、2010年からずっとミシュランの1星を獲得してます。なぜ本店じゃないのかよくわかりませんね?
ホテルからはこの経路で歩いていけるようでしたので、周囲の散策がてら、歩いて行ってみました。本当は本店が良かったのですが、かなりの混みっぷりとのことでしたので、新光三越と言うデパートの地下にテナントとして入っている店舗にしました。

着いてみると、既に激混み。。。整理券をもらってしばらく待つ感じのようです。しかし、15分ほどのウェイティングで中に通してもらえました。しかし、至る所に日本語です。何だか新宿あたりのデパートに来た気分です。笑

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

店内はそんなに広くなく、テーブル席が所狭しと並んでいる感じです。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

さて、早速注文です。

  • 小籠包
  • 辛い水餃子
  • 牛肉入りソバ

を頼みました。足りなかったらまた頼むつもりでした。そして、、、しばらく待つと、、、来ました~!

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

小籠包は、大きな蒸篭の中に5つだけ。贅沢なスペース使いです。まずは、小籠包をレンゲですくって頬張ってみます。

ウマイ。。。けど普通?

辛い水餃子も食べてみます。。。

ウマイ。。。けど、やっぱり普通?

ソバはダシが薄めのラーメンです。肉はナンコツ入りでやわらかく、美味しかったですね。
小籠包はハードルが高すぎたせいか、はっきり言って私にとっては大したことなかったです。。。残念。。。まあ、行列するなら2度と行かないですかね。逆に並んでまで来ようとするお客さんが多くいることに驚きます。もしかしたら、他にすごい美味いメニューがあるのかもしれませんね。それが何かはわかりませんでした。。。泣

窓越に作っている人たちを見ることが出来ます。すごい人数です。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

迪化街に行く

さて、食事を終えて外に出たら、まず第1の目的地である、迪化街に向かいます。
早速、さっき買った、悠遊カードで地下鉄に乗ろうと思いました。台北は地下鉄が発達しているので、市街は地下鉄にさえ乗れば大抵のところに行けます。しかし、嫁が「食後の腹ごなしに歩くよ!」と言うんです。今回のツアーコースは全て嫁任せです。どんな観光地があるのかすら、私は全くわかっていません。笑
仕方ないので、歩いていくこととします。。。

鼎泰豊(ディンタイフォン)からはこの経路で歩いていきます。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

途中、歩道橋があったので渡りがてら、街並を撮りました。少し都心から離れると、古い建物が並び、なかなか風情のある姿が顔を出してきます。
しばらく歩くと油化街に着きました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

ここは、乾物や高級食材で有名な問屋街らしく、たくさんの乾物屋が軒を連ねています。わかりやすいところで、乾燥マンゴーや、キクラゲ、カラスミ、、あとは何だかよく分かりません。。。中国語わかりませんね。。。まあ、ロシア語やヒンディー語、タイ語のように読み方すらわからないのに比べれば、何となく発音はできるので、まだ良いんですが。笑

乾燥マンゴーは試食をさせてもらいましたが「愛文」と書いてあるものが甘くてとても美味しかったですね。マンゴーの種類なんでしょうかね? お店によって味も結構違うので、色々比べてみると良いと思いました。

油化外の端にはこんなお寺のような建物もありました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

九份に向かう

色々買ったら、買った荷物を一旦ホテルに置きに帰ります。結構歩き疲れましたので、さすがに帰りは地下鉄に乗りました。悠々カード初登場です! 使ってみると、日本のSUICAやPASMOとほぼ同じ感覚。でも若干ICカードの認識に時間がかかるようで、日本の改札のように、ピっとやったらすぐに通れる、みたいなリアルタイム感ではなく、ピッとやったら、ワンテンポ遅れてゲートが開く、的な感じなので、日本と同じ感覚だと、ゲートにぶつかります。私は何度かぶつかりました。。。

さて、ホテルに戻って改めての外出準備をしたら長距離バスに乗って「九份(きゅうふん/ジォウフェン)」と言う街に向かいます。
何の街だ?と思ったら。「千と千尋の神隠し」の舞台となった温泉街らしいです。幻想的な世界なんでしょうか?

ホテルからはまず、この経路で、忠孝復興駅まで向かいます。最寄の松江南京駅から地下鉄ですぐです。

バスを降りたら、出口1から出て、そごうの向かいあたりにバス亭があると調べてはあったのですが、、、バス亭がありません。。。そばにいたおじさんが「九份ならあっちにバス亭があるよ」と教えてくれました。どうやらバス亭の場所が変わったようです。新しいバス亭はこのあたりです。

バス亭まで来る途中、白タクの客引きらしき男が数人いました。「九份、九份、こっち」と言っています。私たちの前を歩いていた若い日本人グループが、言われるがままにその白タクに乗って消えていきました。私は内心「危ないなあ、外国で知らない白タクに乗るなんて無用心すぎるわ」と真面目な人みたいに普通に感じました。台湾だから許されるのかもしれませんが。。。笑

当然私たち夫婦にも「九份、九份、こっち」と言って来ます。うざかったのですが、「Where is the busstop to 九份と聞きました。すると、親切に「あっち、あっち」と教えてくれます。その指先の向こうにはバスを待つ行列が見えました。案外悪い人ではないようです。笑

そのまま、私たちはバス亭の方に歩いてきて列に並びました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

待つ事15分、バスがやってきました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

金瓜石行きです。九份のいくつか先のバス亭が終点で金瓜石というみたいです。バスに乗って、ここからは少し長時間です。このバスは立ち席がないのです。なので、満席になったらそれ以上乗車はさせてもらえません。ここでも悠々カードが大活躍です。約115TWD程度でした。

40分ほどの荒っぽい運転の後、九份老街バス亭に到着です。笑 九份は山間の町なので標高が高いんです。なので、見晴らしがよく、バス亭からは海やふもとの街並がよく見えます。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

何だかわかりませんが、雰囲気のある建物も見えます。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

ここからはひたすら歩いて中心部の方に行きます。この九份老街から見て、南西の方に街が広がっています。

歩いて行くと、細い入り組んだ路地にお店が所狭しと並んでいます。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

屋台のような感じで、ちょっとした食べ物が色々と売っています。おみやげ物も色々ありますね。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

ピーナッツを削ったものとアイスクリームを皮で巻いた食べ物。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

よく考えれば、台湾って南国ですよね。フルーツを使ったものも多くあります。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

しばらく歩いていくと、劇的に混んでいる場所に出ました!

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

おいおい、もしかして、千と千尋の神隠しのモチーフとなった建物って、この先なんじゃ、、、
かなり不安です。何しろ5分待っても全く前に進まないんですから。。。

痺れを切らした私は、別の方向に行って見ました。すると街の終点が見えてきて、そこで終わりです。ヨコに氷と豆を使った氷菓子のようなものがあったので、買ってみました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

芋こんにゃくみたいなものと、マンゴーも入っています。薄めのシロップもかかっていて、なかなか美味しいです。

さて、食べ終わったら気を取り直して、先ほどの混んでいるポイントへ向かいます。来てみると、相変わらずの大渋滞。なので、地図を広げてヨコから遠回りして、この通りの反対側に行くことにしました。

既に夜です。途中、下界がよく見える箇所があったので写真を撮っておきました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

難なく混んでいた道の反対側に出ることが出来ました。こちらは大して混んでいません。おそらく、写真ポイントでのカメラ渋滞だったのでしょう。。。私たちは反対側からその道を登っていき、あっという間に写真ポイントに到着しました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

このあたりは、赤いちょうちんがたくさんぶら下がっていて、まさに千と千尋の神隠しの世界観が出ています。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

途中の路地には人もいなく、なかなか風情があります。当然、ここに住んでいる方もいるわけですからね。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

全て見終わったら、帰ります。帰りは、来た時のバス亭から少し上がったところに、バス亭があります。

ウスウス心配してはいたのですが、行ってみると、大行列!!!
200mくらい並んでします! しかもなかなかバスが来ない!まじかよ。。。
見上げると月が優雅に浮かんでいます。。。泣

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

タクシーの運ちゃんが
「どうだい? タクシーならすぐ行けるぜ~? 相乗り合計で1200TWDだぜ~?」
と言って来ます。
待つのも時間と体力の無駄なので、タクシーに相乗りで帰るか、と思ったとき、制服を着ていない普通のおじさんが、なんとなく擦り寄ってきて
「台北までこっちは1000TWDでいいぜ~?」
と言ってきます。白タクです。笑 私の前と後ろにいた2組は、もうこれに乗る気満々です。私はタクシーに乗ろうと思っていたのですが、嫁が
「あと1組で出発できるらしいし、安いからこれで行こう!」
と言うんです。小心者の私は、
いやいやいや、外国で夜でこんなド田舎で白タクって、どこに連れて行かれるやら。。。ってわけで、タクシーに相乗りで台北まで戻ってきました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

台北に着いてみるともう真っ暗。初日の上、結構歩いてきたので、クタクタです。おなかもすきまくりです。。。

夕飯は台湾の安ウマ居酒屋で

すると、嫁が「調べてきた安ウマ居酒屋がアルンダヨ!」というので、残り少ない、なけなしの知力と体力を振り絞って、地下鉄に乗り、お店に向かいます。

途中、国道のような大通りを歩いていたんですが、スクーターの数が半端じゃないんです!まるでスクーターのレースか?と思うほどです。こういう文化の違いも面白いですよね。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

さて、安ウマ居酒屋の場所はホテルから歩いて行ける所でした。着いてみると、なかなかにぎわっています。台湾のサラリーマンたちが飲み会をしていました。

まずはビールを頼みます。生ビールは無く、瓶のみです。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

しみる~!ガソリン満タン!

だいぶ回復しました。ビールの力は偉大です。

食べ物リストを見ると、安い!どれも日本円で500円もしません。うまそうな名前の料理をいくつか頼んでみました。

4942367256972_1 台湾旅行にLCCで行ってみた ③

どれも美味い! 基本的に味は似ているのですが、美味いんです!はっきり言って、昼間に食べた、鼎泰豊(ディンタイフォン)なんかより、100倍美味いと感じました。私の舌にはどうやらこういった庶民的なものの方が合うようです。

  • レバーのから揚げ
  • イカ口のから揚げ
  • 牛肉と野菜の炒め物
  • にんにくの芽と木耳の辛子炒め
  • エビのXOジャン炒め
  • 海鮮塩焼きソバ

です。特に、にんにくの芽と木耳の辛子炒めと、エビのXOジャン炒め、が病みつきになるような美味さでした!
店を見つけてきた嫁も、満足がいった店だったようで、だいぶご満悦です。

食事を終えたら、ほろ酔いの中、歩いてホテルまで帰りました。

着いた初日にしては詰め込みまくりで、結構疲れましたね。。。シャワーを浴びてゆっくりと休むことにしました。

明日はどこに行くのか、、、次回へ続く。

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - 登山、旅行

Translate »