のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!木箱にエイジングペイント

      2017/09/07

以前の記事で作りました、キャンプで使う調味料入れの「木の箱」に、うちの嫁が塗装をしました。

 関連  DIY!木製のフタ付の小さい箱を自作する

今回は、その塗装の経緯の詳しい説明記事になります~。

自作フタ付木箱に塗装

最近エイジングペイントにはまり中で、色々試行錯誤しているようです。。。今回は節目節目で私が写真を撮っておきました。

下地の塗装

まずは、出来上がった木の箱に、全体を茶色のペンキで薄~く塗ります。こんな感じですね。ペンキは安いから使ったようで、もちろん水性オイルステインでも良いと思います。

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

次に全体に白ペンキで、雑に色をつけて行きます。これも下地の色です。

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

若干、遠目で見ると、ニセモノのヴィトンぽくなってる気がします。笑

これで一晩乾かしたら、クラッキング塗装をして上塗り塗装に入ります。

クラッキングメディウムを塗る

クラッキングメディウムは透明な液体なのですが、結構よく伸びます。なので、全体にささーっとある程度均一に塗ればOKです。チョコットくらい塗れていない箇所があっても、そこはクラッキングが発生しないだけで、逆にそういうランダム感が、より一層雰囲気を出してくれます。

上塗り(仕上げ塗装)をする

今回の仕上は、スモーキーな水色だそうです。スモーキーな水色のペンキに若干黒を混ぜて、色味を暗くしています。クラッキングメディウムを塗装後、20分程度である程度で乾くので、乾ききる前に、この仕上げ塗装をします。
そして、仕上げで塗った水色ペンキが乾いて、その後も一晩くらい放って置くと、このようにイイ感じでクラッキングが入ってくれます。

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

拡大するとこんな感じです。

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

クラッキングの合間から、下地の茶色と白色が見え隠れして、イイ感じですね〜。

これでも充分雰囲気は出てきていますが、ここに 所々にサンディングを施して、より一層のユーズド感を出していきます。サンディングでは200番から400番くらいの間のサンドペーパーを、状況によって使い分けていきます。特にエッジの部分にランダムにサンディングをすると、イイ感じになります。

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイントbox_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

少しサンディングをやりすぎる箇所があると、ベースの白木の色まで出てしまいます。ほどほどにサンディングをしたところは、下地の白ペンキや茶色ペンキが露出して、雰囲気が出ます。

アンティークメディウムで汚す

ここで、ベースの白木が出てしまったところに、アンティークメディウムで、「汚し」をすることで、より経年感を出していきます。

開けて見るとこんな感じです。中は初めに塗った茶色の塗装だけにしています。この方が、中はゴミや汚れがわかりやすいですからね。
取っ手は今後どうするか考えていこうと思ってるようです。まあ、どこかのアンティークショップで、良い雰囲気のに出会えたら、って感じですね!

box_paint_001-560x290 DIY!木箱にエイジングペイント

しかし、いつの間にかうちの嫁も、こんなテクニックを身に着けていました。。。ちなみに私は一切助言をしていません。ただ、こんな本を見ながらやっていたみたいですが。。。

私も読んでみましたが、かなりわかりやすい上に、参考になります。これは上手になるわけです。。。納得がいきました。笑

今後はDIYで作ったものの塗装は、全て嫁に任せようかな~と思ってます。笑

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY, キャンプ、釣り

Translate »