のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

      2017/09/08

過去に行ったキャンプ場レポです。

私がここ数年、毎年必ず行くキャンプ場がいくつがあるのですが、今回のキャンプ場もその1つです。

多田良北浜海岸キャンプ場

今回は、この多々良北浜海岸キャンプ場について、記事にしたいと思います。

多田良北浜キャンプ場のデータ

多田良北浜キャンプ場
住所:千葉県南房総市富浦町多田良
TEL:0470-28-5307(南房総市観光協会)  

このキャンプ場は、名前の通り砂浜でキャンプが出来る、関東では数少ないキャンプ場なのですが、営業期間が7月と8月のみなんです。最近ゴールデンウィークだけは別途営業してるらしいですが。。。

なので、毎年7月と8月の土日祝日は激混みです。場所さえ確保すれば、混んでいてもなんてことは無いのですが、その場所の確保が一歩間違えると悲惨になるんですねえ。

  値段
大人1人 1泊 500円
車 1台 500円
デイキャンプ 1人 500円

価格は上記のような感じです。自治体が管理しているだけあって、かなりリーズナブルな価格設定ですね。

多田良北浜キャンプ場 サイト確保の攻略法

何しろこのキャンプ場は、今どきにも関わらず、予約を受付けていないので、早いもん勝ちなんです。

そういうわけで、私が土日月の三連休で行くときは、木曜日までに準備をして車に荷物を詰め込んでおきます。そして、金曜日に仕事が終わって帰宅したら、風呂に入って夕飯を食べてから、すぐに出発するんです。結果的に高速道路の休日割引は受けられませんけどね。泣

すると、現地に21時〜22時頃までには到着します。まだこの頃にはサイトも空きがあるので、海の目の前のエリアを見つけて場所を確保してしまいます。

流石に真っ暗な中、ヘッドライトだけでタープを立てるのも危ないので、タープは立てません。もしも、タープの場所も確保しておかないと危なそうな時は、地面にタープを広げて直にペグ打ち(グランドダウン)しておきます。(レジャーシートを広げてるのと同じ感じ)

そして、翌朝早朝にゆっくりとタープを設営するわけです。これで大体失敗することはありません。翌朝からは悠々自適にビーチ目前のサイトで連休を過ごせるわけです。。。
これが、うっかり朝出るのが遅くなって、渋滞にでも巻き込まれようものなら、キャンプ場に着いても場所などほとんどありません。。。泣

毎年途方に暮れた感じで場所を探している方々を見かけます。せっかくの三連休に、これからどうするのか可愛そうだなあ、、、でも場所は譲れませんし、、、みたいな感じです。
しかし、結局、そういう風になってしまったら、

  • 諦めて去る
  • 1列目の人が帰るのを待つ
  • 海から見て2列目3列目にサイトを張る

しかないわけです。

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

2列目に張る場合はこんな感じです。しかも、1列目の人の車が出れるように通路も確保してあげておかないとなりません。。。

こうなってしまうと、サイトからは、ほどんと海が見えませんが、仕方ないですよね。。。とは言え、海水浴は出来ますから割り切れば良いわけですが。。。

このように、予約制を敷いていないキャンプ場は、連休やお盆休みに熾烈な場所取り戦争が毎度行われているわけです。道志エリアも同じですよね!

「なら予約の取れるキャンプ場に行けばいいじゃん」と言う人も多いでしょう。しかし、予約の取れるキャンプ場は、最近では半年前くらいから予約で埋まってたりする事もありますし、社会人というものは突然休みが決まったりる事も多いんですよね。泣 そしてなによりも、何ヶ月も前に予約を取ると言う習慣が無い人のほうが多いのです。。。かく言う私もそうです。笑

こうして、前日入りという苦労はありますが、どうにか熾烈な場所取り戦争を勝ち抜いた私は、2泊3日で楽しんできました。笑

多田良北浜海岸キャンプ場の良いところ

これは、なんと言っても、

ビーチが目の前のキャンプ場である

ということに尽きます。1日中海を見ながらキャンプを楽しめるわけですし、当然ビーチですから海水浴も出来ます。夏の時期にはライフセーバーの皆さんも安全確認をしてくれています。そう考えると、かなり贅沢ですね。

富浦ICからめちゃくちゃ近い

本当に近いです。ここまでICに近いキャンプ場は、他に知りません。車で10分かかりません。なので、東京から車で来ても、実質上の行程時間は少なくなるんですよね。これは助かります。

すぐそばにお店が豊富

これもすごいです。インターそばには鮮魚店「魚鷹」がありますし、コンビニもあります。もう少しキャンプ場寄りになると、ホームセンターコメリや、わくわく広場、最近では100円均一ショップまで出来ました。はっきり言って、何も持たずに来てもキャンプが出来てしまうほどです。笑

それは冗談にしても、少なくとも忘れ物はどうにでもなりそうな感じですね。

穏やかで遠浅な海

しかも、この多田良北浜は、地図を見ればわかりますが、北西に向かって海が開けているのですが、湾のような形になっている為、波が非常に静かなんです。そして、異様なほどの遠浅。笑

100mくらい沖に行っても、ヒザ位までしか海水がありません。大潮の日の干潮ですと、そのあたりは干上がっています。笑

無料の水シャワーがある

設備としては、炊事場も屋根付ですし、トイレも公衆便所的ですが、毎日管理人さんが掃除をしてくれています。それから、水のシャワーが2ヶあります。海から上がったらここで海水を流すことが出来るんですね。ちなみに少し離れた隣に、貸しボートショップがあるのですが、そっちの方にも無料の水シャワーが2ヶあります。

ゴミが捨てられる

次に、ここはゴミを捨てることが出来るんです!生ゴミだろうが燃えるごみだろうが、燃えないごみですらです!これが良いかどうかは何とも言えませんが、毎年、BBQコンロや壊れた折りたたみイスなどまでもが捨てられているのを見かけます。

多田良北浜海岸キャンプ場の気になる点

良いところは、上記のように結構ありますが、同時に困ることもチョコチョコあります。

基本的に風が強い

砂浜は常にそこそこの風が吹いているのでタープは注意が必要です。特に、林間キャンプしか経験のない方には、そこそこの洗礼が待っているかもしれません。。。笑

時にまあまあな強風が一日中吹き続けている事もあります。なので、私は、しっかりしたペグを砂に打ち込んで、後々困った事にならないよう、対処しています。

ペグについては、こちらにまとめてます。

 参考  最強のペグ

不安な時は、1ヶ所につきペグを2本刺しすることもあります。それでも、砂の中でペグが流されていることなどしょっちゅうですが。。。
ちなみに、参考までにですが、これまでこのキャンプ場で風による道具の破損は、

  • ガイロープ切れ×2回
  • アルミポール折れ×2回

あります。破損こそ無いものの、タープ崩壊も2度ほどあります。完全崩壊ではありませんが、ポールが倒れてオットット・・・的な感じですね。

とは言っても、もう1ヶ所、私が大好きで通っているキャンプ場ほど凄まじくはありませんが。。。いずれそちらのキャンプ場もレビューアップしたいと思います。

ポールについてはこちらにもまとめています。

 参考  キャンプの持ち物、必要なものリスト ②

また、風があるので、当然砂が飛んできます。時々食べ物に砂が混じることもあります。

設備が最低限

これは、自治体がやっているキャンプ場ですから、仕方ありません。その分、値段が安いわけですからね。

  • 炊事場には水道が5口
  • トイレは男女1ヶ所づつ
  • 水シャワーが2ヶ

先ほども書きましたが、基本的にこれらのみです。もちろんレンタルなどありません。そういった意味ではハードルの高いキャンプ場かもしれません。

常識の無い人々がたまにいる

これはどこのキャンプ場にでもありますが、ルールがあまり細かく設定されていない分、個々の良識に委ねられる部分が多いですね。

  • 夜遅くまでギャアギャア騒いでいるグループ
  • 朝から晩まで発電機を使用して不快な音を立てっ放しのグループ
  • 大音量で音楽をかけているグループ

私の経験では、上記のようなことがありましたね。まあトラブルは嫌なので関わらないようにしていますが。。。笑

とまあ、色々ありますが、キャンプ場のデータや特徴の紹介はこのくらいにして、私のキャンプ記録に移りたいと思います。昨年の記録ですが。。。

今回は私たち夫婦以外に、友人親子も誘って楽しんできました。

多田良北浜海岸キャンプ場 1日目

前日入りした私たちは、朝6時頃に起きてタープを設営します。今回は スノーピーク・シールドレクタL で、ポール4本を使って、こんな風に設営しました。少しでも風邪を逃がす工夫です。

地面に海から打ち上げられたゴミがだいぶ落ちているところしか取れませんでした。。。ある程度掃除しましたが。。。

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

朝のうちはそこまででもありませんでしたが、だんだんと風が出てきました。。。こればっかりは予報とか難しいですよね。。。笑

少ししたら友人も合流し、まずは乾杯です!私は夕方の風呂で運転があるのでノンアルコールです。。。泣

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

友人は美味そうにビールを飲んでいます。。。

ある程度、サイトの設営も出来たら、軽く海水浴です。このキャンプ場は、海以外何もないので、食べる以外は、実は海水浴しかやることないんですよね。笑

以前はエンジン付ゴムボートを所有していたので、それを持ってきて沖まで流したり、釣りなどをして遊びもしましたが、ボートもエンジンもう売ってしまいましたので、今は何もマリン玩具がありません。泣
次はシーカヤックでも欲しいなあ、、、と思っているんですが。。。笑

ビールがぬるくならない優れモノ!

そうそう、こういう真夏のキャンプでは、ビールなどもすぐに常温に近くなってしまいます。。。そこで、うちではこれと使っています。

驚くほどぬるくなりにくいので、かなりオススメな小物です。もちろん、温かいものを入れれば、保温効果も抜群です。スープなどを作ったら、上のラバーをはずして直接注げば、さめにくいスープカップにもなります!

ランチはバーベキュー

海で泳ぐとアッという間に腹が減りますので昼飯です。今回もバーベキューです。

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

インターそばの魚鷹で買ってきた魚介から焼きます。この魚鷹、貝類が充実しているのでオススメです!ホンビノス貝というでかいアサリのような貝が売っていますが、味が濃くて最高ですよ〜!

風が強くなってきた・・・

程なくして、結構風が強くなってきました。夕方には風呂に入るため、サイトを離れます。少し不安なのでタープの高さをかなり低くして風の影響を受けにくくしました。

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

風呂はすぐそばの、貸ボートや裏手に、温水コインシャワーもありますが、車で5分程のところにある、南房総富浦ロイヤルホテルで日帰り入浴が出来ますので、最近はそちらに行っています。

風呂から戻ると、風が弱まってはいないものの、タープは持ちこたえていました。ガイロープが緩み気味でタープが少しはためいていたので、若干ヒヤッとしましたが。汗

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

いい感じで日が暮れていきます。。。

夕飯の準備

さて、夕飯の準備です。今夜はダッチオーブンでの丸鶏焼きがメインです。鳥の中にはピラフが入っています!

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

夕飯を食べると、日焼けによる疲労からか、ドット眠気が襲ってきましたので、少しワインを飲んだら早々に寝ることにしました。友人は日帰りなのでこれにて帰路です。友人の見送りをしたら就寝しました。風も結構強めなので、夜中の崩壊が怖かったので、タープはグランドダウンさせました。これで、安心して眠ることができます!zzz・・・

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

2日目の朝

かなり早めの就寝だったので、翌朝は早朝5時過ぎには起きちゃいますよね。ちょうど夜明けの頃合いです。若干弱まったものの、まだ風は収まっていません。泣 日差しが強くなる前にタープを立て、しばらく朝の海を前にボーッとします。この時間が贅沢なんですよね〜。

さて、しばらく休んだら、朝食の用意です。何だか今日も風が止みそうにないので、本当は2泊の予定でしたが、急遽1泊にして、寄り道しながらゆっくり帰ろうという話になりました。

アウトドアと言うものは、状況に応じて臨機応変にフレキシブルに対処していくということがとても大事だと思います。無理して続けたり、面倒だから放っておいたりすると、後で大変な目に合うこともしばしばです。

朝食後、軽く海水浴をしたらゆっくりと撤収準備です。

おさかな倶楽部!キャンプ場近場の美味いランチはココしかない!

昼ごはんは、いつも撤収日に行く「おさかな倶楽部」です。ここは、以前はここまで混んでいなかったんですが、現在は、昼頃に行ったら、下手すると40分以上待ちます。。。今回は開店時間11時に少し遅れてしまったので、20分程待ちました。。。

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

私はいつも頼む「富浦漁師賄い丼」、嫁は「特製旬盛天丼」です。この店が、なぜこんなに人気があるかというと、このあり得ないボリュームです!笑

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

tatara_car-560x1015 多田良北浜海岸キャンプ場はこうして攻略しました

大抵は食べ切れずに、付け合せのかき揚げを持ち帰ります。笑(店員さんにお願いすると持ち帰り用パックを持ってきてくれます)

多田良北浜海岸キャンプ場のまとめ

さて、今回の多田良北浜キャンプ場のレポは終わりです。ちょっと風が強くて、例年ほど満喫出来ませんでしたが、また来年を楽しみにしようと思いま~す。

オススメ度:★★★☆☆

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - キャンプ、釣り

Translate »