のんきLog

趣味だらけの夫婦が送るのんきなブログです

DIY!サイドオーニングを自作してみる ①

      2017/09/04

今回は、キャンプでのタープを、

サイドオーニングにしたい!

と言う記事です。

mobile-home-560x438 DIY!サイドオーニングを自作してみる ①

今まで、うちのメインタープはスノーピークのレクタングルタープLでした。

ご存知、スノーピークの最大の開放タープです。今思えば、、、なぜ夫婦2人なのに、こんなMAXでかいサイズのタープを買ったのか? 確かに、真夏の日差しが強い時に、広い濃い日影があるのはとても過ごしやすかったが、、、

レクタタープのLは、そりゃ過ごしやすいけど、夫婦キャンパーには大きすぎる。

確かに友達と一緒にやるキャンプでは大活躍だったが、2人でのキャンプ時は、周囲のキャンパーからも「あの人たち、2人なのにすごい面積使ってるよね」的な冷ややかな視線を背中に浴びつつも、知らないそぶりで過ごさなければならない後ろめたいキャンプの日々。。。

なのにもかかわらず、以来5年はこのタープ1つでやり過ごすと言う、何とも迷惑な夫婦キャンパー。今思えば、本当にご近所のキャンパーさん達、、、大変申し訳ございませんでした。。。泣
しかし、ついに、うちも

タープを新調するぞ!!!

と言うときがやってまいりました。とは言え、グルキャンや招待キャンの時は、レクタLは大活躍ですし、何よりも濃い影を作ってくれる 幕体の生地の質の高さを手放すわけにはいきません。ですので、今回は、倉庫で眠ってもらうこととして、オークション行きは免れましたー!

さて、それでは、どんなタープを買うか???
うちの夫婦二人とも、タープに求める性能はある程度、似通っています。ひとつは、、、

タープは開放性が高いほうがよい!

となると、当然スクリーンタープは無しとなります。必然的に、ヘキサタープやレクタタープ、その他オクタゴンなどの変則形タープ。どちらにしても、この手のタイプとなります。次に、せっかく新調するんだから、うちが追い求めてやまない、「ネイチャーキャンプスタイル風」に合致する雰囲気であること、となると、、、

タープは自然素材系でネイチャー感を出したい!

となってきます。しかし、ここでもうひとつ大事なのが「性能面」の話で、

タープは遮光率が高くなくてはダメ!

という点も、絶対に捨てることは出来ません。
このあたりまで条件を出して、ネットサーフィンからの情報収集!!!
そうして色々な人たちのキャンプブログを当ても無くさまよい、、、

最終的に挙がったタープの候補

  • ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
  • タトンカタープ 3TC
  • タトンカタープ 4TC

の3つです。

どれも最近では有名になってきたものばかりですよね。コットンと化繊のハイブリッド素材で、目にも肌にも環境にもやさしく、そして遮光性もまあまああって、値段も高すぎない。。。笑

どれも言うことないのですね。はじめは、ムササビウィングのオシャレ感にかなり傾いていたんですが、、、ちょっと図面にしてみて、テーブル等の配置をしてみたところ、、、

ムササビタープは夫婦キャンパーには若干狭い!

と言うことが分かり、却下せざるを得なくなりました。。。WILD-1に現物を見に行った時は、全然問題ない大きさでは?と思ったのですが、店内で見ていたから大きく感じていただけのようでした。やっぱ、図面にして検討するというのは、改めてかなり意味があると思いました。とは言え、このタープは雰囲気もありますし、今年度モデルの赤いパイピングもかっこいいし、超ロースタイルでのソロキャンパーなんかにはピッタリなんですけどねえ。。。泣

さて、そうなると、タトンカタープの2種類に絞られたわけですが、、、

この2つ、決定的な違いというと、形状がレクタタイプか?ヘキサタイプか?というか、メインのラインを辺と並行に取るか?対角線に取るか?ってことなんですよね。

mobile-home-560x438 DIY!サイドオーニングを自作してみる ①今までレクタを使ってた私たちとしては、対角線を屋台骨にするタイプもなかなか気になってはいるんですが、、、実際、張ってみると有効面積が少ないって言うデメリットもあります。さーて、どちらにしようかだいぶ悩みました。。。

ちょうどその頃、全く関係ない商品なんですが、かなり気になっていたのがこれ。ご存知、

フィアマ社のサイドオーニング!

です。

キャンピングカーのサイドに、スルーっとはね出すアレです。にしても、うちの貧乏所帯にとっては、
あまりにも高い!高すぎる!
でもこんな風に出来たら、

  • 車から荷物出すときに楽!
  • ポールは原則2本で済むから設営が楽!
  • 片面は車で遮られるからプライバシーや、いざと言うときの防風効果も安心!

と言う風にメリットだらけ!
デメリットで思いつくのは、

  • 設営したら車が移動できない

と言うことくらいでしょうか。一度こういう魅力的なものを頭に描いてしまうと、妄想は止まらないんですよね~。。。笑

サイドオーニングをうちのアメリカ~ノなアーリーシェビーバンに設置したい

、、、となると、フィアマのサイドオーニングは無理でも、似た感じにどうにか出来ないか?と、DIY魂がふつふつと沸いてきてしまうわけです!
しかし、そこそこDIYも経験してくると、プロでもない私が、

バンの外装に対してDIYを施すのは絶対にダサくなる!

だろうということが、何となくウスウスと感じられているので、できる限り自作品は控えて、一般に出回っている既製品の組み合わせでどうにかしよう!と頭を使いました。

うちのシェビーバンのサイズとタープのサイズ、ポールの長さなどから色々検討し、その結果、ある程度方向性が決まり、必要な道具も見えてきました!
その結果、新しいタープは、、、

にめでたく決定しました!!!
そして、これだけでなく、必要な道具として、これらも買い揃えることとしました。

ストレッチコードは2本使用、カージョイントも2個使用 となります。
なんだか、キャプテンスタッグ様様 という感じになってしまいました。かゆいところに手が届くアイテムを、今後もこのようなリーズナブルな価格で、どんどん出してくれると消費者としてはうれしい限りです!

そして、これらを設計図どおりに組み合わせれば、きっといいかんじのタープ環境が出来上がるはず!と信じて次回のキャンプまで待つとしましょう。。。
実際に装着した結果と、その状況は、次回お送りしますー!

イイね!と思ったら、、、
「いいね!」や「シェア」をお願いします!
励みになります!(^o^)v

  関連記事

 - DIY, キャンプ、釣り, フルサイズバン

Translate »